年下男子との初エッチ

デートを繰り返していても相手が年下だと“初エッチ”のタイミングって難しいですよね。

女子からリードしないといけないのかな……?という不安を抱えることも。

年下男性と付き合った経験がある女性の意見を聞いてみました。

年下男子との初エッチ

告白もエッチも女性からしたケース

「なかなか告白してこない彼にしびれを切らして、私から『付き合おうよ』と言ってしまったので、デートもこっちが誘って行く場所も私が決めてお店も予約して……というパターンになってしまってます。

初エッチも私から『泊まらない?』と誘ったのがきっかけでしたね。

自分から動かない男にしちゃってるなと反省してるポイントは多いです」

全部女性のほうがリードしていると、プロポーズすら女性からしないといけなくなってしまいそうですね。

自分のペースで進めたいという女性ならそれも悪くないのかもしれませんが、「それは女性として寂しい」と感じるのであれば、彼のタイミングを待ったほうがいいでしょう。

男性に引っ張っていってもらうのが理想なら、少しずつ色々な場面で彼にリードしてもらう習慣を付けていったほうが、お付き合いもうまくいくのではないでしょうか。

彼から男らしく誘ってくれたケース

「知り合ってすぐ『付き合ってください!』と言われました。年下だからこそ、きちんと言葉にしないと相手にされないだろうって思ったみたいですね。

初エッチも当然彼から聞いてくれましたよ」(29歳/雑貨店勤務)

告白が彼からだった場合は初エッチも彼から……という自然な流れができそうですね。

なかなか誘ってこない場合は、こちらからさりげなくボディタッチをするなど「触れてもいいんだよ」というサインを見せてあげると彼も誘いやすくなるでしょう。

うまく誘導したケース

「健全なデートばかり続いていて、全然エッチな雰囲気にならないまま時間が経っていて『もしかして私ってただの女友達?』と不安になったんです。

それで、彼の家の割と近くで飲み会があったことにして『終電なくなったから家に泊めてくれないかな?』と押しかけました。

さすがに同じベッドで寝たらそういう雰囲気になってうまく行きましたよ」(26歳/デザイナー)

何かしらの理由を作ってお泊りができる状況に持っていってしまうのが一番自然で真似しやすい方法かもしれませんね。

彼が一人暮らしなら、「ご飯作りにいってあげる」などの理由でさりげなく訪問したついでに……という流れがベストではないでしょうか。

年齢よりも彼の経験値を参考に

真面目な女性は、自分のほうが年上だと「私がリードしなきゃ!」と考えてしまいがちです。

でも、なんでもかんでも先回りして気を遣ってしまうと、付き合っている間ずっとそのパターンが続いてしまうのではないでしょうか。

もし「いつかプロポーズされるなら彼から」という希望があるなら、初エッチは彼のペースで誘ってくるのを待ったほうが良さそうですね。

あまりにも奥手な彼なら「旅行でも行きたいね」「温泉行きたいなあ」など、遠回しな言い方で”お泊りOK”のサインを出してみてはいかがでしょうか。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)