同棲カップル

結婚前にお互いのことを良く知るために、同棲をするカップルもいます。

特に、同棲したての頃は何もかもが新鮮で嬉しいもの。彼女的には当たり前のことでも、彼にとっては胸キュンしてしまう行動があるんだとか。

今回は、そんな始まったばかりの同棲生活で、彼女にしてもらって嬉しかったことについてご紹介していきましょう。

同棲カップル

当たり前だけど…朝となりで「おはよう♡」と言ってくれる

「目が覚めてすぐ彼女の顔を見られる幸せったらない!寝起きの『おはよう』も堪らないんだよね。」(20代男性/会社員)

今までは朝の挨拶も夜の「おやすみ」もSNSか電話でしかできなかったけれど、同棲することで、目を覚ましたら隣に彼女がいてくれる幸せを強く感じられるのが嬉しい男性たち。

特に、自分が先に起きて彼女の寝顔をみていたら、目が覚めた彼女から「おはよう♡」と言われる瞬間がたまらなく愛おしく感じるらしい!

お泊りデートでは見慣れた光景かもしれないけれど、それが毎日ともなるとまた違った新鮮さを感じるみたい。

朝起きて、一番に好きな人の顔を見られるのは至福の時と感じる意見が多いので、寝起きの挨拶の破壊力は最強かも?

仕事の見送りや一緒に出勤できるのが嬉しい!

「これから仕事か~って憂鬱に思っていても、彼女の『いってらっしゃい』って一言で、今日も頑張ろうと会社にいく足取りも軽くなる感じがする。」(20代男性/飲食)

今までなら出勤ギリギリまで寝ていたり、準備に手間取ったりと、家を出るまでにバタバタしていた男性も、彼女と一緒に暮らすことで時間に余裕ができた人も多いよう。

中でに嬉しく感じているのが、彼女のお見送りや、途中まで一緒に出勤できることがウキウキしちゃうんだとか!

今までは誰も待っていない家に帰って、朝も一人で家を出ていくのが日常だったのに、そこに彼女の存在を感じるだけで不思議と仕事も頑張れちゃうようです。

家に大好きな彼女がいるだけで、仕事を頑張れるという気持ちになれるのも同棲のいいところですよね。

一緒に朝ご飯を食べるだけで幸せを感じる

「今まで朝は抜いていたんだけど、彼女と暮らすようになってから朝ごはんやお弁当を作って貰っているのでとても健康的に暮らしている感じがする!彼女には感謝しています。」(20代男性/営業)

同棲の醍醐味といえば、一緒に食事をする習慣ができることですよね。

一人暮らしのときには適当になりがちだった朝食も、彼女と同棲を始めることでしっかりとるようになったという声も。

朝ごはんを一緒に摂るだけで、コミュニケーションを深める行動になるので、自然と会話も増えるのが嬉しいポイント。

男性ってそれほど朝ご飯の大切さを感じていないこともあって、彼女手作りの朝ご飯で健康的な生活を送れるのが嬉しいみたい!

出勤道具を用意してくれていたときにキュンとする

「出勤準備を自分でするのは当たり前のことなんだけど、彼女がサラッと準備してくれる姿に感動!俺の行動よくみてくれているんだな~って好感度上がる!」(20代男性/販売)

朝出勤する際、仕事の資料やスーツなどついつい用意をなまけてしまって、家を出るときに慌てて準備することも一人暮らしの男性“あるある”かも……。

自分も支度があるのに、パートナーの分まで考えて行動できる姿に、女子力の高さや頼もしさを感じるようです。

キッチンのから「ごはんできたよ~!」と呼ばれたとき

「よくある話だけど、朝キッチンから料理を作る音で目が覚めるって憧れてたんだよね!母親じゃなくて、彼女が朝ご飯を作ってくれる幸せを嚙みしめる瞬間(笑)」(20代男性/公務員)

男性が考える理想のシチュエーションで、上位に入っているのが彼女から「ごはんだよ♪」と起こされることなんだそう。

好きな人が作ってくれるご飯は特別ですよね。朝早くから、自分のために早起きしてくれていることへの感謝の声も多く聞かれました!

同棲って相手の嫌な部分が見えてしまうなんて話も聞きますが、それ以上に相手に対する思いやりや感謝を感じる瞬間も沢山あるみたい。

同棲中に彼をいっぱいキュンキュンさせちゃおう!

彼女が自分のために朝から支度をしてくれる行動に、嬉しさを感じる男性が多いことが分かってきました。

もし、彼とこれから同棲が始まるなんて方は、これらを参考に朝から彼を喜ばせてみましょう。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)