落ち着く存在

あなたは彼からどんな存在でいたいですか?

一緒にいてドキドキする人でしょうか、それとも一緒にいて落ち着く人でしょうか。

結婚を視野に入れるならば、「一緒にいて落ち着く人」を目指したいもの。

今回は、彼にとって「落ち着ける」存在になるための5つの要素をご紹介します!

落ち着く存在

1、一緒に食事する機会を増やそう

食事は毎日の生活で欠かせない要素の一つですから、食の好みが似ていることは大きなポイントです。

食べ物の好みが似ていると、お店選びがスムーズですし、料理のシェアもしやすいですよね。

「美味しいね」と言いながら食べられるのはストレスがなく、幸せが倍増です。

2、会話のペースに注目!

2人での会話中、女性ばかり話して男性が飽きてしまうなんて話をよく聞きますが、彼の話を聞くのはとっても大切!

聞き上手な女性は、話していても気持ちがいいもの。適度に質問を挟んで、彼のトークに火をつけましょう。

さらに、会話のレベルやスピードが合うと、より「一緒にいて癒される」印象を持たれやすいですよ。

3、これは大事!「金銭感覚」と「価値観」

金銭感覚や価値観が一致しているのは、筆者の経験上最も大事だと思うポイントです。

金銭感覚は文字通り、お金の使い方や考え方です。これが違うと、片方が無理を強いられるので付き合いが行き詰まります。

しかし、お互いが浪費家だと、同棲や結婚生活では100%困るので注意したいところ。

また、価値観は感覚的なことや、マナーやモラルに至るまで様々ですが、中でも重要なのが「嫌だ」と思うことについての価値観は大切です。

これがズレてしまうと一緒にいることがストレスになります。

4、話さない時間も楽しもう

一緒にいる時に、無理に会話を広げて頑張らなきゃ!と思って過ごすのはお互い疲れちゃいますよね。

会話はなくても、「なんだか落ち着く」という雰囲気が作れたら、とっても居心地がいいですよね。

話さなくても二人でゆったりした時間を過ごせるのは幸せなこと。

長い月日を一緒に過ごすと考えると、特に会話を交わさなくてもOK。

お互いの存在を感じながら、それぞれの時間を過ごすというのはとっても必要な要素です。

5、どーんっと構えてみましょう!

些細なことをネチネチと言われたり、いちいち詮索されるのは彼もストレスです。

気になることは聞いてもOKですが、何度も細かくしつこく聞くことは絶対にNG。

彼からすれば、尋問されているようで心が休まりませんよね。

多少のことは目をつぶり、干渉しすぎず、放置しすぎず、適度な距離を保ちたいもの。

心地よい関係が築ければ、何があってもあなたの元へ戻ってくるはずです。

落ち着ける彼女になるために、早速アクションを起こそう

一緒にいたいと思えることこそが、「落ち着けるカノジョ」の特徴です。

彼に「誰といるよりも君と一緒にいると落ち着く」と思われる存在になれるよう、行動を起こしてみてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)