ずっと実家ぐらしの子が結婚すると?

世の中に「実家暮らしの女は、恋愛・結婚に縁がなくなる」という意見がまかり通っています。

その理由として、exciteニュースの記事、「早く一人暮らしをはじめて!結婚できない「幼いアラサー女子」の特徴5つ」
によれば、

「一人暮らしをしたことのない女性は、モテない以前に幼すぎて、信頼できる大人にカウントされていない」

「実家から出られない女は、お金の管理ができない!」

とのこと。

だから「早くひとり暮らしを始めなさい!」と。

実際に筆者自身も、結婚するまでずっと実家暮らしでした。そして、独身時代は「いい年して実家暮らしなんて、家事とか全くできないでしょ?」と決めつけられてきました。

そんな筆者はその後、37歳で結婚しました。

ずっと実家暮らしだった筆者は、周囲から言われたとおり結婚してから全く家事ができず、お金の管理もできなかったのでしょうか?

真相はいかに!?

ずっと実家ぐらしの子が結婚すると?

筆者の結婚前の状況

筆者は最終学歴が4年制大学卒業です。

大学の同級生の中には「大学内で知り合った同級生と付き合い、そのまま結婚」

という人がかなりいました。

そんな中、筆者には将来なりたい仕事があったということもあり、「結婚を考えるような男性」を探している暇は、正直ありませんでした。

社会人になってからも下積み時代が長く、仕事をもらってもギャラが出ない「激務タダ働き状態」で、日雇いのアルバイトを掛け持ちしていた時期も長くありました。

当然、一人暮らしをする余裕はなく、実家で暮らしていました。

そんな筆者に対して向けられる目線がどうだったのかは、序文の通りです。

しかし、筆者自身はそれに対し、

結婚相手の女性がどの程度家事ができるかなんて「具体的に結婚を考える」「一緒に暮らす」という段階にならなければ分からないのでは!?

出会ったばかりでまだ付き合ってもいない女性から「あなたのためにお料理を作ったわ」「あなたのお金の管理をしてあげる」なんて言われたら、逆に怖いでしょ!?

と感じ、腑に落ちませんでした。

37歳でスピード婚!果たして!?

そんな筆者は、前述の通り37歳で結婚しました。

相手はバツイチで、離婚してからは一人で暮らしをしていました。

「彼のような人となら、ずっと親元で暮らして何もできないNonaでも大丈夫ね」と、身内からは言われたものです。

しかし結論から言うと、筆者も仕事をしているため分担制とは言え、料理をはじめとした家事は問題なくこなしています。

あまり実家で料理そのものをしたことがなくても、母親の料理が上手ければ、それを食べて「美味しい味」を覚え再現することが可能です。

また「一人暮らしをしたことがない女性はお金の管理ができない」という世間で言われるようなことトラブルが起きたことは全くありませんでした。

下積み時代の長かった筆者には、「実家暮らしの女性あるある」としてよく語られる

「エステの勧誘を断れずに契約してローンを組む」

「新発売のスイーツをよく買う」

「独身女性同士の女子会や旅行」

などは一切なく、どうしたら無駄なお金を使わずにやりくりできるか考える習慣が身についていたのです。

そのことで主人からも信頼を得ることができたので、むしろ

「貧乏で実家から出られなかった経験も、無駄ではなかった」

と思っているくらいです。

なぜずっと実家暮らしの女子は家事もお金の管理もできないと言われる?

実家ぐらしの女性はお金の管理ができない?
このように、現実には

「ずっと実家暮らし=家事もお金の管理もできない=恋愛・結婚ができない」

とは限らないのに、なぜそのように断定されることが多いのでしょうか?

その一番大きな理由は、

「実家暮らしの女性は、男性にとって交際がしづらい」というイメージがはびこっているからです。

一人暮らしの女性なら、家族の目を気にせずに遅くまでデートをしたり、自分の家や彼女の家に泊まることも、半同棲状態になることも自由自在です。

ところが実家暮らしの女性の場合、そうはいきませんよね。

しかし男性たちは、さすがに

「実家暮らしの女性とはお泊りデートがしにくいし、お互いの家に連れ込みにくいから、付き合ったり結婚したりは無理」

なんて大っぴらには言えません。

そこで

「ずっと実家暮らしの女性は家事ができないし、お金の管理もできないから無理」

と問題をすり替え、果てはそれを受けた女性の中からも

「一人暮らしをしたことのない女性は、いつまでも大人になれない『幼いおばさん』だ」

としたり顔で主張する人が出てくるのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?1度も一人暮らしをしたことない女性が結婚に向くか向かないかは、本当にその女性によります。

「私は一人暮らし歴が長いから、結婚できないはずがないわ!」

と妙な自信を持って、ゴミ屋敷でコンビニ食か外食のみで生活しているあなた、後悔しないように!

(Nona/ライター)

(愛カツ編集部)