カップルの相性

長い付き合いを望むならば、できるだけ相性のいい相手と付き合いたいもの。

もともとの相性の好し悪しは変えられませんが、できることなら好きな人には「この子とは相性がいいな」って思われたいですよね。

今回は、男性が「相性がいいかも」と感じる女性の特徴を考えてみました。

カップルの相性

性格、価値観、タイプが合っている

もともとの相性があるとすれば、この部分でしょうか。

例えば、性格が穏やかなタイプであるとか、どちらかというと消極的で受け身であるとか。相手も同じようなタイプであれば、「この人と似てる、相性いいかも」と思いますよね。

相手と仲良くなりたいと思ったら、相手のタイプに合わせて、ある程度テンションやペースを合わせて「合う」と思われた方がスムーズに距離を縮めやすいでしょう。

カップルは、似た者同士が一緒になることが多いものです。それでも、人は違って当たり前。性格や価値観が完全一致しているカップルは恐らくいないでしょう。

また、付き合っていて、相手に似てくることも少なくありません。相手のいいところに目を向けて、相手との関係をはかることは大事です。

欠点に目を向けるのではなく、良さに目を向けることで、お互いに「やっぱり相性悪くないかも」と感じられる瞬間は増えるでしょう。

仕事、趣味が一致していなくても理解がある

内面以外にも、好き嫌いや趣味などの共通点もあったほうが、相性がいいと思えるでしょう。

しかし、好きになる人と、必ずしも趣味が一致していない場合もあると思います。

それでも理解があったり、理解を示そうとする意識があるだけでも、ふたりの相性はより深まるでしょう。

仕事の話が話題に出たら、「私も……」とお互いの苦労話を共有するとか。音楽が趣味ならば「私も過去にピアノやっていたよ」など、少しでも共通点があるなら口にしてみては。

好きな人と好きなモノを共有することで、お互いについて知れることは多いです。

ここで、「私それ興味ないからー」と、会話を広げず閉ざしてしまうと、「この人とは合わないな……」ってことになりかねません。

共通点を新たに作れるのは、恋愛関係だからこそ。ぜひ前向きに考えてみてください。

一緒にいて疲れない

お互いに一緒にいて、なんでも話せられる間柄というのは少ないものです。

肉親や親友に気をつかう人が少ないように、相手との距離が縮まれば、一緒にいても気をつかったり、疲れたりすることは少ないでしょう。

そのためには、もともとの相性のほかにも、関係のはかり方が大事になります。

相手となんでも話せられる間柄になるには、お互いに自分のことを打ち明けること。

実は苦手なことだったり、過去のことだったり、ちょっとしたコンプレックスだったり……。自分の弱みも悩みもさらけ出すことで、お互いについて分かることは多いはず。

焦る必要はありません。デートを重ねながら、少しずつお互いを知っていきましょう。

おわりに

相性は天性のものですが、すり合わせるようにして相性を良くしていくこともできます。

お互いに好きの気持ちが本物なら、相性は自然とできあがっていくはず。

相性が悪いかも……。と悩んだら、こんな視点でも考えてみてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)