浮気を防ぐ方法

いつも彼氏に浮気をされてしまうという女性は、普段からの言動に何か原因があるのかもしれません。

浮気をさせないためには、「浮気をしたら大変なことになる」と思わせておくことがとても重要です。

そこで今回は、彼氏の“浮気を防ぐ”事前対策を紹介します。

浮気を防ぐ方法

「浮気したら別れる」と言っておく

「浮気したら絶対に別れる」とか「浮気されたら一瞬にして冷める」といった言葉は、ちゃんと前もって彼氏の耳に入れておくべき。

ただ、しつこく何度も言うのは関係性を悪化させることになるだけ。

定期的にその考えを示すようにするといいでしょう。

例えば、友人が浮気をしたという話をしているときや、有名人の不倫のニュースがテレビから流れてきたときなどがチャンス。

「私だったらすぐに別れるな」なんてつぶやいたりするのも効果的です。

「もしも浮気をしてバレたら別れることになる」という思いが根底にあったら、彼氏も軽い気持ちで他の女性にちょっかいを出したりはできないはずですよ。

「共通の友人」を増やす

彼氏との間に共通の友人や知り合いを増やしていくと、どんどんふたりの関係性も深まっていくもの。

さらに、お互いの親や兄弟などとも仲良くなっていけたら、文字通り家族ぐるみの付き合いのようにもなっていくでしょう。

そうやって周囲をも巻き込んだお付き合いをしていくと、その状態を壊してしまうような行為はしにくくなるはず。

その共通の友人たちまでも失うことになるかもしれないと感じたら、そんな全てを捨ててまで浮気をしようという気になんてなかなかならないはずですよ。

“エッチ”をしすぎない

彼氏に浮気心が芽生えさせないようにするためには、程よい距離感を保つことも大切。

近づきすぎると窮屈になるし、離れすぎると愛が冷めたりもするので、うまくバランスを取ることが大きなポイント。

エッチに関しても、彼氏に求められるがままにエッチをしすぎてしまうと、すぐに飽きられて他の女性に目移りされることにもなりかねません。

性的欲望を満たそうとして浮気に走る男性が多いので、エッチも付かず離れずを意識できると、いつまでもいい関係を維持していけるでしょう。

叱るときは叱る

「あいつは俺の言いなりだから」と彼氏に思われてしまうと、浮気心が芽生えやすくもなります。

「俺にゾッコンだから」という思いが強くなると、「バレても謝れば大丈夫」などと、変に安心感のようなものが生まれてきたりもします。

そんなことにならないためにも、常に思い通りにさせるのではなく、叱るときにはきちんと叱ることが大事。

ダメなことはダメだとはっきりと示すことができれば、彼氏に舐められたりはしません。

「浮気をしても平気だろう」なんて気軽には思えなくなるはずですよ。

おわりに

浮気をされない女性になるには、事前対策をきちんと取っておいた方がいいです。

男性に前もって釘を刺しておくと、自由気ままにやりたい放題はできなくなるものですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)