モテるアラサー女子

恋愛だって、ライフスタイルの一部。

そのため、「ちょっと忙しい」くらいのほうが、モテることもあるようです。

もちろん、ただ忙しいことだけが、モテ要素になるわけではありません。充実した生活を送っていて楽しそうな様子が、男性を魅了するのですから。

そこで今回は、程よく忙しくてモテる、アラサー女子の特徴をまとめてみました。

あなたの私生活とくらべていかがでしょう?

モテるアラサー女子

土日の半分は予定あり

デートに誘うチャンスがあるとすれば、やっぱり週末というケースが多いかもしれません。

接客業などであれば難しいかもしれませんが、一般的な会社勤めなどであれば、土日は勝負の日!

でも、「週末なら、いつでもあいてるよ!」というより、「ん~、今週は難しいかな……、来週の土曜はどう?」くらいの忙しさが◎。

それを聞いた男性は、「これは積極的に誘っていかないと、デートの予定として確保してもらえない!」と思うもの。

追いたい本能の男性から、事前のお誘いが増えることも多いようです。

なにか磨いているものがある

忙しい、予定がある、とはいうものの、家でダラダラテレビを見る、ベッドでゲームをする、という予定だけでは、モテ要素にはなりにくいもの(もちろん休息も大切ですし、そういった共通点から意気投合なんてケースもありますが、今回は割愛)。

時間を自分磨きに使っていて忙しい人なら、自然に魅力的に近づけます。

英会話、スポーツ、お料理、音楽などなど、なにかひとつでもスキルアップを目指しているものがありますか?

そして、これらを“楽しんでいること”が重要。ちょっとした目標があるのもいいですね。

「いつも○○してるの。○○するのが好きでさ!」と語ることができれば、その姿はまさに魅力的であること間違いなしです。

ひとりの時間の過ごし方が上手

ひとりの時間をどう過ごしているかも重要です。

ひとりの時間を、“暇な時間”や“空いている時間”とせず、映画を見たり、読書をしたり、リラクゼーションタイムにしたり。

人間的にゆとりや温かさを培えるような時間にすると、深くて味わい深い女性に成長することができます。

特に、自由時間が欲しいアラサー男性に話せば、「あ、いいね~!」と、ウケも抜群。

ぜひ、「ヒマだから○○してる」と話すのではなく、自分にとって欠かせない時間として、楽しそうに報告してみてください。

アクティブでお誘い上手

「○○したい」の伝え方によっては、誘われやすくなることも。

たとえば、「あの、一緒にお食事でも……」という誘い方だと、漠然としすぎていて「なんで誘ってきたんだろ……?」「気を持たれてたら困るな……」なんて、構えられてしまうかもしれません。

一方で、「○○に行ってみたいから、一緒にどう?」という誘い方なら、誘われる側も、理由が把握できき、乗りやすいというメリットがあります。

普段あれこれ忙しく、そしてアクティブ(楽しもうとする行動力)だからこその、上手な誘い方といえるのではないでしょうか?

おわりに

最近のあなた過ごし方とくらべて、いかがでしたか? たしかにストレスや疲れがあると、ついついダラダラしたくなるもの。

でも、ダラダラ癖がついていると、魅力アップはその分だけ難しくなってしまいます。

楽しむ目的で自分を少し忙しくしてみることが、モテるアラサー女子への近道かもしれません。

ただし、忙しすぎて……なんてことにならないよう、ご注意を。

アラサーになると、ひとりで充実しすぎて、彼氏がいなくてもへっちゃら!! なんて方も増えてきます。

バランスよくいい女を目指していきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)