何事も適度が大事。度が過ぎれば、場合によっては煙たがられ、周りに受け入れられなくなることもあります。

そう恋愛においても、何かと度が過ぎれば男子が近寄らなくなり、結果モテなくなることも……。

そこで今回は、たとえ美人でもモテない「〇〇すぎ」な女子をいくつかご紹介したいと思います。

多くの男子はこんな女子が苦手ですよ。

モテない女子

意識高すぎ、女子力高すぎは微妙

「意識高い系」という言葉がありますが、意識高すぎるのはダメじゃないですが、微妙だったりもするんですよね……。意識が低いよりかはいいのかもしれませんが、高すぎるとちょっと近寄り難いです。平気で近づけるのは同じく意識高い系男子か、そういうのをあまり気にしない男子か、臆せず高嶺の花を狙う男子くらいでしょう。

「今日もセミナーでした!」「英会話の後にエステに行ってきました」「友達と昼からホテルでシャンパン♪」などなど、SNSなどで“私、意識高いんです”と言わんばかりに自分をアピールしてしまうと、近寄る男子もかなり限られますよ。

インスタにハマりすぎてインスタの奴隷

時代はインスタ。多くの人がインスタをやっているし、女子の中にはインスタにハマりすぎて、インスタの奴隷のようになっている子もいません? インスタを楽しむのはいいんです。けど、生活の中心がインスタになってしまうとちょっとねぇ……。インスタの更新が仕事の一環ならまだいいのですが、四六時中インスタを覗いて、インスタのために食べもしないスイーツやコスメを買ったり……正直、そこまで行くと怖いです。

筆者の知人男子が元カノをフった理由がインスタでした。元カノさんインスタにハマりすぎて、デートはインスタ映えな所ばかりだし、デート中も何度もインスタを見たり。完全に彼氏よりもインスタに夢中だったので、付き合っている価値を感じず別れたそう。

インスタ中毒な男子ならきっとその気持ちもわかってくれるでしょうが、インスタにさほど興味の無い男子からしたら、インスタの奴隷になっている女子には魅力は感じないかもしれません。

気が強すぎてすぐ張り合う

多少気が強いくらいの女子なら別に煙たがられたりはしません。むしろ、自分の意見をはっきり言えるタイプなので、察するのが苦手な男子からしたら比較的接しやすく、モテたりします。

ただ、気が強すぎてすぐに張り合ってしまうレベルまでいくと“扱いにくい人”になり、異性としても意識されにくく、モテにくいですね……。負けず嫌いなのはかっこいいんです。でも、何が何でも自分の意見を通そうとしたり、相手を論破しようとする姿は正直おっかないですから。

何事も適度が大事

あとは、恋に積極的すぎor受け身すぎも微妙かもしれません。やっぱりほどよく積極的で、でもほどよく受け身でもある、くらいな方がバランスがいいんですよね。

対人関係においては何事も適度が大事かもしれません。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)