気になる男性へ日頃の感謝を込めて、些細なプレゼントを渡したい。

ふとそう思うこともありますよね。

しかしプレゼント選びを間違えてしまうと、ありがた迷惑になってしまうどころか、「この子ってこういうタイプなんだ……」と、距離を置かれてしまう可能性があります。

そこで今回は「プレゼントとしては要注意なもの」についてご紹介します。

男性へのプレゼント

1、 香水

・「女友達から『この香水良いにおいだから!』とプレゼントされたんだけれど、俺には合わなくて無理だった。それに『もしかして俺のことクサいと思っているのかな?』と色々考えてしまった」(27歳/営業)

プレゼントとしてはお手頃価格ですし、見栄えも良い香水。しかしやはり香りものは好みが分かれます。「もらっても困るな」と思われるだけじゃなく、「俺と趣味が合わないんだな」と否定的に捉えられる可能性も。

また「もしかしてクサいと思われている!?」と、男性側が不安に感じてしまう恐れもあるでしょう。

すでに彼の好きな香水を把握しているなら良いですが、そうじゃないならプレゼントには不向きかも……。

2、 手作りお菓子

・「職場の子がみんなに手作りマフィンを作ってきたんだけれど、潔癖な俺はムリだった……。申し訳ないけれど、家に帰って捨てました」(33歳/IT)

最近では他人の手作りが苦手な男女が増えているもの。上手にできたらつい人にあげたくなりますが、相手がどう思っているかはわかりません。

筆者の周りでもその場では手作りお菓子を貰うけれど、裏で「さすがに手作りは食べられない……」とこぼす男性を何人か見たことがあります。

「せっかく作ったのに、冷たいな……」と思うかもしれませんが、本人がそう感じているのなら仕方がありませんよね。

基本手作り系は交際してからにするべきだと思いますよ。

3、 宗教やスピリチュアルに関係するもの

・「たまにお土産でお守りを貰うけれど、うちは宗教的にNGなんだよね。家に置いておくわけにもいかないし、毎回どうしたらいいか困っている」(30歳/接客)

お守りは自分で買うべきと考える人もいれば、他人から貰ったほうが効果があると感じる人もいます。またそもそも公にしていないだけで、代々信仰している宗教があるかもしれません。

またパワーストーンなどのスピリチュアル系に頼りたくない人もいますよね。

こればかりは生まれ育った環境や価値観の違いなので、どれが正解とも言えません。

事前に「○○神社に行くならお守り買ってきて!」などとお願いされたなら問題ないですが、そうじゃないならやめておいたほうが良いかも。

おわりに

他人へのプレゼントが、ただの自己満足になってしまったら意味がありません。

まだ相手のことがよくわからないのであれば、冒険しないのが一番。

無難な市販のお菓子などがベストでしょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)