遊び人の攻略法

自分が本気で好きになった人が、遊び人だったら?

「遊び人に本気になるなんて危険」「やめたほうがいいのかな」と、せっかく恋を諦めるのはもったいない!

恋愛経験が豊富な遊び人でも、一人の女性に本気になることはあります。彼の本気スイッチを入れて、自分が本命の彼女になりましょう。

今回は、男性の体験談を元に、遊び人の彼に本気スイッチを入れる3つの方法をご紹介します。

遊び人の攻略法

「チャラチャラしてるのはかっこ悪い」と指摘する

「女性と接する機会が多く、正直、女性関係には困ってなかった(笑)。あるとき、『そういうのは本気の女性に言うもの。いい歳してチャラチャラしてるのはかっこ悪い』と指摘されてグサッ……。確かにかっこ悪いなって反省して、今では指摘してくれた彼女に夢中です」(28歳/美容師)

「本気で恋愛しないのはダサい」とビシッと指摘されることで、思い改める遊び人もいるようです。

恋した相手に「かっこ悪いよ!」と言うなんて勇気が要りますが、彼の本気スイッチを入れるためにも強い口調で伝えてみましょう。

あえての塩対応

「いまの彼女は、最初は遊びだったはずが彼女の塩対応にハマってしまった。『今日会える?』とLINEしても既読スルー。電話も3回に1回とってもらえるかどうか。でも、会ったときは優しい。塩対応とツンデレに、これは俺が本気にならなきゃって、今は彼女が離れないように必死です」(30歳/営業)

彼が女性慣れした遊び人タイプなら、依存心を見せるのはNG。

デートに誘われても一度は断ったり、自分からLINEをしすぎないなど、塩対応に徹して!

他の女性とは違う態度に、彼の本気スイッチが入りますよ。

男友達に電話を鳴らしてもらう

「昔からモテていただけに、恋愛には困ることがなかった。でも、遊びのつもりで合った彼女は、2人でお酒飲んでるときに何回も携帯が鳴って、『〇〇君?いま難しいからあとで』とか『週末なら空いてる』とか、明らかにほかの男から電話がきていた。悔しさのあまり、本気スイッチが入りました」(27歳/建築)

遊び人の男性は、自分が遊び相手にされると、嫉妬心や闘争心が生まれて本気スイッチが入ってしまうもの。

男友達に頼んで、彼とのデート中に電話をかけてもらうと効果テキメンですよ。

自分にプライドを持とう

恋した人が遊び人だったら、相手のペースに合わせて自分も遊びの恋を演じてしまいがち。

でも、遊びの恋は自分を大切にしてもらえなかったり、長続きしなかったりと傷つくことが多いもの。

遊び人の彼の本気スイッチを入れて、長続きする本気の恋を楽しんでくださいね。

(愛カツ編集部)