彼の背中を一押し

友達以上恋人未満の彼。脈ありだとは思うけど、自分から告白はしたくない!と思う女性は多いのでは?

でも、彼から告白してくれるまで「待ち」の姿勢をつらぬくとしても、いつまでも告白してくれないとヤキモキしちゃいますよね。

そこで今回は、彼の背中を一押しして告白させる方法をご紹介します。「今日こそは彼から告白してほしい!」と思っている女性、必見ですよ。

彼の背中を一押し

「〇〇君の彼女になる人、うらやましいな~」

「1年近く友達以上恋人未満のいい雰囲気だった女の子がいたんだけど、単なる男友達として仲良くしてくれてるのか恋愛として意識してくれてるのか分からなくて。

告白して関係が崩れるくらいなら今のままの方がいいって二の足踏んでたけど、あるとき『〇〇君の彼女になる人、うらやましいな~』って彼女がつぶやいてるのを聞いて、

自然に『じゃあ、僕の彼女になる?』って聞いちゃいました。あの一言で脈ありを確信できた」(22歳/大学生)

「彼女になりたい」や「彼女にしてほしい」と言うと、自分から告白したことになっちゃいますが、「〇〇君の彼女になる人ってうらやましいな~」であれば、女性からは告白はしてないですよね。

でも、彼には「恋人になりたい」という気持ちがしっかり伝わって、男性からの告白を引き出せるはず。あくまで独り言のようにつぶやいてみてくださいね。

「〇〇君のそういうところ、モテそう」

「自分に自信がなくて、これまでも好きになった子には告白したことはありませんでした。でも、友達の紹介で会った女性と食事に行ったときに椅子をひいたら「〇〇君のそういうところ、モテそう」とか、駅まで送ったら「〇〇君って優しいんだね」と褒めてくれて。

自信がついて自分から告白しようって思えたので次会ったときは気持ちを伝えます!」(25歳/公務員)

自分に自信がなくて告白できない男性もいるようです。そんな彼は、さりげなく褒めて、自信を持たせてあげて。自分から告白する勇気を出してもらえるかもしれません。

さりげなく手を当てる

「職場の同僚で仲の良い女性いたんですけど、恋愛モードで接していいのか分からなくて。でも、会社の忘年会でカラオケに行って隣に座ったとき、さりげなく何度か手を当ててきたんですよね。

それで、『このあと2人で飲みなおさない?』って勇気を出してバーに誘って、告白しました」(30歳/メディア関係)

仕事関係の人だと、仲は良いけど恋愛モードに入っていいのかな?と迷ってしまう男性は多いようです。

彼と話すときにそっと腕に手を触れたり、職場での飲み会でさりげなく隣に座って手を当てたりすることで、恋愛OKのサインを送ることができるかも。ボディタッチはあくまでさりげなくしてみましょう。

それとなく自分の好意を伝えて彼の背中を一押ししよう!

いい感じなのになかなか告白してこない男子。自分に自信がなかったり、恋愛モードになってもいいのか迷っていたりと彼らなりの理由があるのかもしれません。

さりげないボディタッチや、「私はあなたのこと好きだよ」という自分の好意を伝えて彼の背中を一押ししてあげましょう。きっと彼も告白する勇気を持てますよ。

(愛カツ編集部)