慌てる女子

ちょっと気になる彼ができて、2人の距離も近づいて心も通じ合った……と思ったのに、彼がよそよそしくなった!?

もしかして、彼が引いてしまう残念なクセが出てしまったのかもしれません。自分では気づかない非モテなクセを、女性の干支別に占います。

慌てる女子

●子(ねずみ)年生まれ…早とちり

子(ねずみ)年生まれは、ちょこまかしてかわいいのですが、せっかちで早とちり。

「休日は忙しくて」と彼が言えば、「私と会いたくないんだ、ってゆーか他の女と会ってる?」と勝手に判断して、「もしかして浮気!?ひどい!」とか文句を言いがち。言う前に確かめましょう。

●丑(うし)年生まれ…ムッツリ

穏やかな性格で、不満があってもなかなか口にしない丑(うし)年生まれ。

口にしないでいるうちに、その不満は溜まりに溜まって、ムッツリとした表情を作ってしまいます。もちろん笑顔も減り、モテるわけもありません。ストレス解消をがんばりましょう。

●寅(とら)年生まれ…ヒステリー

カップル ヒステリー

表向きは明るくて人付き合いのいい寅(とら)年生まれですが、心の中では気にいらなかったことが怒りとなって蓄積しています。

そして、ある日突然激しく怒るというのがパターン。男性から見れば、ヒステリーな女性だと感じてしまうかも。不満は小出しにするように努力してみましょう。

●卯(うさぎ)年生まれ…すぐ泣く

人と争うことがキライな卯(うさぎ)年生まれ。揉めそうな空気を察知したら、すぐに逃げの体勢になり、逃げられない場合は泣いてしまいがち。

あまりにもすぐ泣くと評判はじりじり下がり、非モテ女子の原因に。せめて涙をこらえる態度を見せましょう。

●辰(たつ)年生まれ…自己中

夢は大きく、行動は大胆にがモットーの辰(たつ)年生まれ。竹を割ったような性格はかっこいいのですが、ときに偉そうに見えてしまう場面も。

「あの人自己中だよな」と非モテ認定されてしまいます。少し協調性をもった行動を心がけましょう。

●巳(へび)年生まれ…何にも言わない

黙り込む女子

巳(へび)年生まれは、自分のエリアに他人が深く入り込んでくるのが苦手なので、友人や恋人には何を考えているのか理解しがたい部分があります。

何にも言わないで済ませようとするのは悪いクセで、モテようもありません。打ち解ける努力が必要です。

●午(うま)年生まれ…男っぽすぎる

さばけた性格の午(うま)年生まれ。男友だちも多く、態度や仕草も男っぽくなる傾向があります。

大股を広げて坐ったり、大声で笑ってしまったり、ときには乱暴な言葉を使ってしまったり。あまり雑になりすぎないように気を付けましょう。

●未(ひつじ)年生まれ…受け身で流される

男性がからむとつい受け身な態度になってしまう、ちょっと憶病な未(ひつじ)年生まれ。

受け身なだけならいいのですが、押されると、好きでもないのに押し倒されてしまうことも。貞操観念がないという噂になりかねません。逃げることを覚えましょう。

●申(さる)年生まれ…恋愛話を盛る

少々見栄っ張りなところがある申(さる)年生まれ。非モテの悪いクセは恋愛経験を盛って話してしまうところです。

自分はモテる女なんだと言いたいがために、どんどん話が大きくなり、男性からは引かれるばかり。口は災いの元と心得ましょう。

●酉(とり)年生まれ…上から目線

男女 外で食事

恋愛には妥協しないプライド高さを持つ酉(とり)年生まれ。とりあえず男性に対しては、厳しい目でどんな人間なのかをスキャニングします。

そんな上から目線な態度では、モテるわけもありません。完璧な人間などいないということを、常日ごろ念じましょう。

●戌(いぬ)年生まれ…面白味がない

安定していることが一番と思うのが戌(いぬ)年生まれ。

フツーな感じで最初はモテるのですが、デートの内容やファッションも変わり映えせず、男性が面白味を感じずに飽きてしまいます。流行を追うことも関係安定のためには必要と思いましょう。

●亥(いのしし)年生まれ…文句が多い

好き嫌いがハッキリしている亥(いのしし)年生まれ。大好きな彼だとしても、イヤなところはイヤと態度に出てしまうのです。

何度もそんな態度をされたら、男性も離れていくに決まっています。文句は一度だけと決めて、あら探しは止めるようにしましょう。

●さいごに

非モテなクセは、気が緩むと出てしまうことが多いのです。

「ありのままの自分を受け入れて……」なんて言ってないで、悪いクセは直すように心がけましょう!

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)