残念な癖

本人にとっては何の気なしにやっている行動がじつは恋のチャンスを逃す原因になっていることも!

日常化してしまっている無意識の癖は、やめる意識がないとどうにもならないものです。

気になるあの人に気づかれる前に自覚したい、「恋を遠ざけてしまう残念な癖」をご紹介します。

残念な癖

退屈そうなのが丸わかり!枝毛探し

「この前合コンしたとき、女性陣の中に髪をいじってる子がいました。

誰かと話が盛り上がってるときは楽しそうなんだけど、他の子に話題や視線が集中したときは、髪をいじってて。

しばらく様子を見てると……枝毛探しに夢中だった!

注目されてないとき、興味ない男性に話しかけられたときは、退屈そうに枝毛探ししながら相槌打っててびっくり」(24歳/建築会社)

女子が髪をさわるとつい視線が行く、という男性は多いもの。

それが色っぽさを感じるようなしぐさなら男子にとってプラスの要素ですが、枝毛探しはマイナスの要素に!

ふと髪の毛先を見つめて枝毛を探す……そんな姿から退屈そうな気配を感じ取った男子は、その瞬間からその女子への興味が一気に薄れてしまいます。

枝毛探しをはじめ、無意識で髪をさわる癖がある人は気をつけましょう。

ガサツな歩き方

「歩き方がきれいな女子に男子の視線が集まるのは基本だけど、ガサツな歩き方をしている子にも結構目が行くもんなんですよ……可愛い女の子だと余計に惜しいというかものすごく残念な気持ちになる」(25歳/通信会社)

素敵な女性だなと思っていたのに、ガニ股やドスドスと乱暴な歩き方をしていてガッカリ……そんなことで恋のチャンスを逃したくないですよね!

歩き方は自分では気づきにくい部分なので、気になる場合は女友達にヘルプを頼んでみましょう。

美しく歩くことを習慣化させれば、自然と男子の視線が集まるモテ女子になれるかも?!

清潔面でNG!爪噛み

「爪を噛む癖のある女子は不潔そうで苦手。無意識で男子の前でも噛んでしまう人、1人のときに噛んでしまう人といろいろあると思うけど、手を見たらけっこうわかるんですよ。

女子の清潔感を重視する男子は多いと思うので、爪噛みの癖はかなり残念だと思います」(26歳/アパレルショップ)

退屈なときやイライラしているときに無意識に爪を噛んでしまう……そんな癖には要注意!

たとえ人前ではやっていなくても、見る人によってはその癖に気づいてしまうこともあります。

女らしさをアピールする手元や指先の美しさを保つためにも、癖の改善を試みる価値はありそうですね。

残念な癖はぜひとも改善を!

無意識の癖については、気づけるかどうかが勝負の境目です。

自分だけでは難しいときは、周りの人の力を借りるなど工夫することも大切。

残念な癖が恋を遠ざけてしまわないように、自身の魅力半減を防ぐために、心当たりがあればすぐにでも改善したいものですね。

(愛カツ編集部)