不倫で学んだこと

相手が既婚者であることを知っていたり、知らなかったり……。

そんな不倫関係に陥った経験のある女性たちは、不倫からどんなことを学んだのでしょうか?

経験者が語ることは、よりリアルに聞き手に届くもの。現在不倫している人や不倫の一歩手間の段階にいる人に向けて、経験者が不倫から学んだことをご紹介します。

不倫で学んだこと

どちらかが本気になると終わりが近づく

「最初のうちは『彼が家庭を優先するのは当たり前。私は私で好き勝手するからいい』と思っていました。

でも、そう思うほどに本命の彼氏はできないし、彼が奥さんの話をする姿に嫉妬するように……。

結局私が本気になってしまったことで3年間続いた不倫も終わってしまいました。

長くその人と一緒にいたいなら、本気にならないことを常に意識しないといけないのかもしれませんね」(28歳/食品メーカー)

不倫は遊びだと割り切って関係を持つ人もいると思いますが、割り切ったまま関係を続けられるかどうかは当人たちの気持ち次第。

どちらかが本気になることで、相手に“そろそろ潮時だな”と思わせるきっかけを作ってしまうのでしょう。

不倫をやめても事実がつきまとう

「過去に社内不倫したことがあるんですが、一部の人にバレていて。

新しい恋人ができても私が不倫した事実は変わらないし、『誰かが不倫したことを彼に教えたら……』と不安で恋愛に憶病になっています。

不倫を良しと思わない男性と付き合うのも気が引けるなど、一時の気の迷いがトラウマになってしまうこともあるんですよ」(25歳/電気メーカー)

過去に不倫したことがある女性にとって、不倫の事実がトラウマになってその後の恋愛に悪影響をおよぼすこともあるようです。

今では不倫したことを後悔していたり、心を入れ替えていたりしても、不倫を良しとしない人にとっては理解してもらえないかもしれない……。

そんなモヤモヤを抱えて恋愛に憶病になってしまった女性も少なくありません。

婚期が遅れる可能性アリ

「私が不倫をはじめたのは24歳のとき。まだ周りでも結婚する友人が少ない頃でしたが、気づけば30歳を過ぎて友人は続々と結婚。

今から不倫関係を清算して、結婚を視野に入れて付き合える恋人を新たに探して……って考えると、私が結婚できるのは何歳なんだろう?

しかもずるずると続いた不倫関係なので、やめるにしても時間がかかりそうなのは明らか。不倫が婚期に与えた影響は大きい!」(30歳/ジュエリーショップ)

不倫したことで婚期が遅れた、というパターンはめずらしくありません。

周りの友人が恋愛を経てゴールインするまでの間、自分は不倫にどっぷり浸かっている……そうなると結婚が遠のくのは自然な流れ。

不倫相手が離婚して1人身にならない限り、不倫を清算してから新たに恋人を探すことになり、結果的に婚期に影響を及ぼすことになりますよ。

その不倫、あなたにどう関わってくる?

不倫中は気にならなかったことでも、いざ終わってみると気づけることがあるのです。

不倫があなたの人生にどう関わってくるのか、じっくり考えてみることも大切。

不倫経験がその後の自分に何かしらの影響を与える可能性があることを忘れないでくださいね!

(愛カツ編集部)