彼との恋愛を続けたいなら、絶対にしてはいけないこと

恋愛においていくつかタブーがあります。

大好きな彼が一気に冷めてしまう、恋愛で致命的なダメージを与えてしまうタブーがあります。

そして、それは絶対に避けるべきですよね。

今回はそんな恋愛では絶対にしてはいけないことで、代表的なものを5つお伝えします。

彼との恋愛を続けたいなら、絶対にしてはいけないこと

1.汚い言葉を浴びせること

恋愛が長くなってくると心を許してくる反面、「ここまで言っても大丈夫」という甘えが出てきます。

その甘えは、喧嘩をしたり、ちょっとした不満をぶつけてしまったり。

そういう形で現れることがほとんどですが、その甘えに負けて、「汚い言葉」を喧嘩や不満をぶつける際に浴びせてしまうことは絶対にしてはいけません。

LINEのように後々まで残るものにメッセージとして記載してしまうことも同様です。

汚い言葉は、信頼関係を根底からすぐにぐらつかせてしまうとても強力な力を持っています。

くれぐれも彼に甘えた勢いで汚い言葉を使わないように注意しましょう。

2.すっぽかし

デートの予定を忘れて別な用事を入れてしまう、待ち合わせ場所や時間を勘違いして、30分以上遅れてしまう。

悪いケースでは寝坊をして、髪やメイクのセッティング時間が取れないため当日キャンセルをする。

こういったことは、恋愛が成就するまでの間や恋愛初期の頃にはやらないですよね。

ただ、何度もデートを繰り返してくると「慣れ・油断」のためにしてしまうことがあります。

これらは結果的に、彼が計画していくつかのデートプランはすっぽかす形になってしまい、大きく信頼関係が壊れてしまいます。

修復できないケースも出てきますので、慣れてきたからといって油断しないように、特に予定管理は注意しましょう。

3.他の男子と2人で出かける

恋愛関係を続けたいならやってはいけないこと
彼氏と友人は明確に線引きをしているので、他の男子と2人で出かけても大丈夫だと考える女子がいます。

一方、それは女子側の独りよがりな考えであり、男子としては浮気や裏切られたと感じてしまうこともあります。

恋人と友人で付き合い方をどのように分けるのかについても、相手とは考えが異なる可能性があることをしっかりと理解しておきましょう。

浮気につながると男子が考えた場合は、今後の恋愛関係に大きく影響するような不信感を抱いてしまいます。

4.謝らない

例えば、喧嘩をして雰囲気が悪いままデートを解散してしまうこともあるでしょう。

その後、しっかり話し合いをして、悪い場合は謝る姿勢を持つことが非常に重要です。

恋愛はどんなに長期的に続いたとしても、法律などで縛られているわけではないので、「いつでもすぐに終わらせる」ことができます。

大好きな彼であったとしても、あなたに対してネガティブな感情を持ったまま過ごす期間が長くなればなるほど、恋を終わらせるように行動してしまうリスクが高まります。

喧嘩などをした場合は、すぐに話し合い、必要なら謝るようにしましょう。

5.自分の気持ちを押し殺すこと

長く恋愛をしていると、彼自身についても良く分かってきます。

大好きだからこそ、自分の気持ちを押し殺してしまうこともあるかもしれません。しかし、自分を犠牲にした恋愛はいつか限界がきます。

そして、押し殺した感情は一気に爆発しますので、恋のトラブルに発展してしまうこともあります。

バランス良くある程度は、あなた自身の気持ちを彼に率直に伝えるタイミングをしっかりとデートの中で取り込むようにしていきましょう。

相手もあなたが感情を殺していることがあることに気づいていないかもしれません。

そんな状態でいきなり大爆発として、一気に感情を伝えたら、関係は壊れてしまいます。少しずつお互いに歩み寄るような仕組みつくりを心がけましょう。

おわりに

今回のヒント、いかがでしたでしょうか?

大好きな彼との恋愛を続けるために、あなた自身の行動を振り返ってみてくださいね。

今回お伝えしたことが1つでも当てはまる場合、すぐに軌道修正をかけた方が良いでしょう。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)