彼女との暗黙のルール

彼の言動に一喜一憂して「彼はわたしのことが好きじゃないのかな」なんて落ち込む人もいると思います。

対照的に、彼が何を言っても、何をやっていても、ど~んとでっかく構えている女子のことを羨ましく思うかもしれないですね。

でっかく構えていられる彼女たちは、彼を思いやった行動に出るから、余裕でいられるのです。

今回は、彼が実は彼女との間に敷きたい「暗黙のルール」についてお届けします。

彼女との暗黙のルール

金欠のときは割り勘でお願いね

デートのときの支払いはどちらがしていますか?

お金に関する考え方って、人生をどう捉えているのか、という部分と直結している、それほどデリケートなのがお金の問題ですよね。

「ごめん、俺、いまお金がないんだ。だから今日のデートは割り勘にしてほしい」こう正直に言えないのが男です。

「お金がない男はモテない。彼女に愛想を尽かされる」と思い込んでいる傾向にあるため、だから正直に言えないのです。

それとなく遠まわしに「俺の金欠問題」を話題にしてくる彼は、割り勘に関する暗黙のルールを欲しがっています。

金欠の時は「外泊なしデート」でお願いします

上記のアレンジパターンとして、彼が金欠を話題にしたら、「ごめん、今日は外泊なしでいこう。デートが終わったら電車で帰ることにしてほしい」というサインとして受け止めてほしいと思っている男子もいます。

もちろん、彼はあなたとお泊りしたいんです。でも、先立つものがない。悲しいけど今日はお泊りなしで……。というのが男のホンネです。

「一緒に泊まってくれない彼って、わたしのことを愛していないの?」というのは勘弁してあげてください。

LINEの返信が24時間後になっても許してね

LINEの返信が遅いとか、既読スルーされたとか、女子はことあるごとに騒いでいるようですが、彼に悪気はありません。

仕事中に来たLINEの返信をうっかり忘れていたから、彼は既読スルーしてしまった可能性も。

彼女から、たとえば返答に悩むLINEが来て、それにどう返信すればいいのかが即座に思いつかなかった場合。返信を保留にしていたから遅れたのかも。

LINEの返信が24時間後になることもある(がしかし、それは「君のことを愛していない」というのではない)。

これを暗黙のルールにしてもらいたいと思っている男子もいます。男、基本が不器用ですからね。

ケンカのあとは24時間以内に彼女からLINEください

彼女とケンカしたあと、どうLINEすればいいのかさっぱり見当がつかないのが男子です。

たとえば、彼女が機嫌を悪くして「もう別れる!」と言って、そのあと1時間くらい無口で、そのままデートが終わってしまってそれぞれの家に帰った場合。

彼は「俺、振られるかも」とか「彼女の気持ちがさっぱりわからない」などと思って、手も足も出ない状況に陥っています。

だから彼は「彼女からなんでもいいからLINE来ないかな」と思っているのです。

女子は意外に思うかもしれないけれど、「彼女からLINEが来ること=救世主が地上に舞い降りること」と捉えているのです。

ケンカしたら彼女のほうからLINEを送る――これを彼氏との暗黙のルールにしてあげてはいかがでしょうか。

おわりに

男が彼女にハッキリ言えないことは2つあります。

1つはお金がないこと。いま1つは、不機嫌になった彼女に気持ちを尋ねることです。

なので、最低限この2つのことについては、カップルで暗黙のルールをつくってみてはいかがでしょうか。

相手が言いづらいと思っているであろうことと、あなたが彼に言いづらいと思っていることは、さっさと暗黙のルール化しちゃったほうがお得なんです。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)