胸キュンな方言

地方独特の方言で話す女性って、とても魅力的ですよね。

普段は標準語で話しているのに、ふとしたときに方言が出ると、その人の素が垣間見えたようでギャップにキュンとするもの。

そんな方言の魅力について、男性に意見を聞いてみました!

胸キュンな方言

温かみのある響きで距離感も縮まる!関西弁

「定番だけど関西弁はやっぱりキュンとくる!きつい喋り方じゃなく、柔らかいおっとり口調だったらなおよし」(小売業・29歳)

関西弁は芸人さんなどが使っているのをよく耳にするので、最も馴染み深い方言と言えるかもしれませんね。

テレビで耳にするのは早口できつい印象のある関西弁ですが、一般の人は実際はきつい言葉はあまり使わないんだとか。

人気があったのは「せやろ~」「せやなぁ」などの同調するときの方言。関西弁の温かなイントネーションが魅力の「ありがとう」など、心がホッとするような言葉があがりました。

会話の中でつっこみを入れる場面でちょっと関西弁を出すとキュンとする男性が多いんだとか。

あどけなさにドキドキする!博多弁

「~と?っていう語尾がめちゃくちゃかわいい!響きが優しいので博多弁の子は女性らしく感じてしまう」(販売員・35歳)

こちらも人気の方言ランキングでは上位常連となる博多弁!

「~と」と語尾につく話し方は舌足らずな印象であどけなさを感るので守ってあげたくなるとの声が多数でした。

語尾が上がりがちな博多弁は、声が耳に残りやすく可憐な感じで聞こえるそう。

「好いとうよ」なんて博多弁で告白されたら一発KOされる男性は多いのではないでしょうか。

怒り言葉がたまらないかわいさ!広島弁

「ちょっと荒いイメージがあるからこそ、かわいい女の子が使ってると萌える」(学生・18歳)

任侠映画などの印象も根強い広島弁。ドスが効いた巻き舌でちょっと怖い感じのイメージですが、女性が使うととってもかわいい方言になるんです。

「いけんよ」は(ダメよ)という意味ですが、響きにキュンとする男性が続出!広島弁で優しく注意されたらメロメロになりそうという意見が多数でした。

他にも「なんでなん?」(なんでなの?)など、広島弁は怒っているときの言葉にときめくという男性が多いよう。

ちょっとだけふてくされながら使うと魅力が倍増すること間違いなしですね。

かわいい方言でハートを鷲掴み!ギャップ萌えを狙おう

男性が胸キュンする人気の方言3選をご紹介しました!

標準語で話す女性ももちろん魅力的ですが、素朴なイメージの方言がふとした拍子に聞けると、男性は最高にときめくそうです。

地方出身者にとってはコンプレックスだったり、恥ずかしいと思ったりしがちな方言も、実はとんでもないモテテクニックになるかも?

ここぞというときに方言を使って、彼のハートを掴んでみてくださいね。

(愛カツ編集部)