LINE胸キュン

彼があなたのことを考えて、ガラにもなくときめいちゃって眠れない……。

もし、そんなことがあったとしたら、こんなに嬉しいことはないですよね。

「でもそんなのありえない」なんて思っちゃダメ!彼とのLINEに“あるフレーズ”を使えば、その夢が現実になるんです。

さぁ、男性陣は、いったいどんなフレーズに胸キュンしちゃったのでしょうか。今回は、「男子が最高潮にときめいたLINE」について3つご紹介します。

LINE胸キュン

1.「あなたでよかった……」

「寝る前に後輩とLINEのやり取りをしてたときに、ふと彼女が『こうやって1日の最後に会話をする相手が先輩でよかった……』って送ってきたんです。

『え?何?どういうこと?』っていろいろ考えて、顔がにやけてしまいました」(28歳/食料品メーカー勤務)

「こうやってLINEできるのがあなたでよかった」「この話を聞いてくれるのがあなたでよかった」などなど、男性は「オンリーワン」であることを感じるフレーズにも弱いもの。

他愛もない会話の途中で、こんなフレーズを送ってこられると、「え?俺って特別な存在ってこと?」って妄想が膨らみ、ドキドキが止まらなくなるのです。

2.「チュッ♡」

「知り合いの女の子とLINEしてるとき、彼女が最後に『じゃあおやすみ。チュッ♡』って送ってきたんです。チュッ♡、ですよ、チュッ!これって俺とキスしたい、ってことなんじゃね?って思うと、ひと晩じゅうモンモンとしてしまいましたよ」(25歳/会社員)

シンプルイズベスト!ずばり、キスを連想させる「チュッ」というひと言も男性を翻弄させる破壊力を十分に持ち合わせています。

「え、そんな恥ずかしいフレーズ、絶対送れないんだけど……」というあなたもご心配なく。投げキッスをしているスタンプなどでも、代用は可能です。

3.「夢で会おうね」

「女友達と他愛もないLINEをしてたんだよね。そしたら相手が『明日も早いし、眠くなったからもう寝るね』ってよこしてきたの。

『おぉ、おやすみ~』って返事したら、『夢で会おうね』って。何このキラーフレーズ!めっちゃ気持ちがたかぶって、目がさえちゃいましたよ」(25歳/広告代理店勤務)

男性って結構、ロマンティックな言葉が大好き。でも、LINEのやりとりで最初から最後までロマンティックな言葉使うのはトゥーマッチ。お腹いっぱいになっちゃいます。

しかし、それまで他愛もない会話をしていた相手から、最後に雰囲気のあるフレーズを送られると、効果は絶大!

無防備状態だっただけに、余計に「え?なんか不意打ちでキュンキュンしたんだけど?」と思ってしまうのです。

LINEで彼を落としちゃおう!

絶妙なタイミングで、必殺のときめきフレーズを送ることができれば、彼は間違いなくあなたに夢中になってしまいます。

顔が見えない分、イマジネーションが膨らむLINEの世界。女子力の高いひと言で、彼をキュンキュンさせちゃいましょう。

(愛カツ編集部)