LINEモザイクガッカリ

好きな人には甘えたいし、頼りにしたい。そうした欲が、恋愛にはありますよね。

しかし、それが行き過ぎると、「面倒くさい」「重たい」といった問題も……。

今回は、男性が好きな人にされると、がっかりするLINEを3つご紹介します。

好きな人とLINEをするときは、ちょっと注意してみてください。

LINEモザイクガッカリ

1、既読スルー、返事が来ない

好きな人のLINEに励まされることもあれば、楽しさでつい時間を忘れてしまうこともあるでしょう。

しかし、なかには仕事に追われるあまり、彼からの返信を後回しにしてしまうこともあるのでは。

好きな人にLINEを送ったら、いち早く返事がほしいのは、男性も同じだと思います。

返事が来ないと、後回しにされている感じがしたり、ないがしろにされているのでは? と、疑ってしまう人もいるかもしれません。

もし返信できる時間がないなら、「またあとで連絡するね」と、ひと言でも断っておけると、相手の印象はだいぶ違ってくるはず。

後で遅くなった理由や謝罪ができるだけでも、相手は「俺のこと大事に考えてくれているんだ」と思えて、あなたに対する愛情を見失わないで済むでしょう。

2、遠回しに不機嫌アピール

こわいLINE

生活をしていれば、仕事のストレスやプライベートの悩みなど、嫌なことは出てきます。

恋人にそれらの相談に乗ってもらったり、愚痴を聞いてもらったりすることもあるのでは。

しかし、それだけに留まらず、イライラやストレスを彼にぶつけてしまうことも、あるのではないでしょうか。

たとえば、些細な意見のすれ違いなどで不機嫌になったり、不満があることを遠回しにLINEでアピールしたり、普段は優しいけど、ピリピリモードだと、急に口調が変わって彼に当たってしまったりとか。

人間ですから、気分的にムラがあるのは仕方ありません。

でも、彼の優しさに甘えて、あまりに自分勝手な行動が多いと、さすがの彼もイヤになってしまいそう。

感情をコントロールしながら、彼との関係を上手に図れるといいですね。

3、遠慮して意見を言わない

付き合ったばかりのころは、お互いに恥ずかしさと遠慮で、思っていることをなかなか伝えられなかった女性も多いのでは。

しかし、男性の多くは甘えられることや、頼られることを嫌だと思う人はほとんどいません。そこから、男性としてのプライドが保たれる人も多いようです。

好きな人に必要とされることに、嬉しさを感じない男性はいません。

甘えすぎ、頼りすぎは、男性は困ってしまうかもしれませんが、自分ひとりで抱えすぎて、恋人の存在が薄れてしまうのも、彼にとっては寂しいことだと思います。

気になることがあれば、気兼ねなくLINEでもいいので、送れるといいですね。そうした仲になれたとき、2人の関係はさらに特別なものになるでしょう。

おわりに

好きな人だからこそ、されるとガッカリすることってあると思います。好きな人は特別なもので、パートナーになりうる存在です。

そうした相手に対して、日ごろどんな態度で接すれば、もっといい関係になれるのか。ちょっと頭の片隅で考えられるといいかもしれませんね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)