親密度をアップする方法

好きな人との親密度をどうしたら上げられるか、悩んでいる人もいるのでは?

そんな時にやってしまいがちなのが、「好かれたい」という気持ちが裏目に出てしまう行動です。

そこで今回は、男性の筆者が、そうならないためのシンプルイズベストな方法をご提案していきたいと思います。

親密度をアップする方法

思っていることをすぐ伝える

「あ、これって○○じゃない?」「私はこっちの方がいいと思う!」など、自分の心に浮かんだ言葉はすぐ伝えるのが◎。

「好かれたい」という気持ちは、「彼に嫌われたらどうしよう」になりやすく、「嫌われたらイヤだから黙っておこう」という気持ちに繋がってしまいます。

そうなると、彼との親密度を上げるどころか、壁を作ってしまうことに……。

否定的な意見でも「私はこういう人!」という、鮮度のいい「自分らしさ」を見せれば、彼の好奇心や興味を誘うことができるもの。

サクッと伝えてしまえば、親密度をアップすることができます。

大親友に接する感覚で接する

なんの気兼ねもなく話せる親友はいますか? その親友には、「好かれるためにはどうしたら……。」と、考えることなんてありませんよね。

一緒にいる時間が、とにかく楽しく、なんだって話せるはずです。

「好かれたい」という気持ちは、「失敗できない」という緊張感もセットにしがちです。

そうなると、「俺と一緒にいると、楽しくないのかな……。」と思わせてしまう危険性も。

親密度を上げたいと思っている彼とも、親友といるときと同じように、その日、その時間を心から楽しむことが大切です。

好かれる努力をやめる

「え!? 努力しないと好きになってもらえなくない!?」と思ってしまうかもしれませんが、「好かれたい」という気持ちは、相手に媚びる態度になりがちです。

そんな動機が見えてしまうと、嫌悪感を持つ男性もいるので要注意。

彼だけに特別優しくしたり、いつも一緒にいようとしたり、持ち上げすぎたり。既成事実のようなものを作ろうとする必要はありません。

お互いが自然に引き寄せられて初めて、親密度はアップするのですから、過度な演出は思い切ってやめましょう。

彼の本当にいいところを探す

「好かれたい」という気持ちは、「自分をどう見せるか?」という意識に支配されがちです。

それよりも、彼のいいところに目を向けてみましょう。

本人も気づいていないような、彼を大好きな自分にしか気づかないようなところを見つけて、彼に伝えてみてください。

「○○してくれる○○くんと一緒にいれると幸せ!」というようなメッセージを伝えれば、彼も嬉しくなってくれるはずです。

おわりに

「好かれる」というのは、こちらが強く望んで得られるものではなく、親密になる過程のなかで、自然に表れる現象です。

素直な気持ち、嬉しさ、楽しさ。それを大切にして、適度に彼に伝えていけば、彼の心がすぐ隣にあると感じることができるはず。

まずは、「好かれたい」気持ちを優先させることを控えてみませんか?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)