いつまでも「告白してこない」男性の本心

ふたりで食事をしたり遊んだりすることが増えてきているのに、なかなか告白をしてきてくれない。

そういった曖昧な状態のときには、男性は一体どのような心理にあるものなのでしょうか。

そこで今回は、いつまでも「告白してこない」男性の本心を紹介します。

いつまでも「告白してこない」男性の本心

告白する「勇気が出ない」

「好き」という気持ちがあっても、男性はなかなか簡単には告白はできないもの。

好きであればあるほど、「フラれたくない」とか「関係性を壊したくない」といった思いも強くなっていくのです。

デートも何度かしていて、手をつないだり、好意や愛情を示してくれていても、なぜか告白だけはしてくれないのであれば、最後の確信のようなものがまだ持てない状態なのかも。

男性は女性の考えや気持ちを理解するのが苦手でもあるので、「○○くんとずっと一緒にいたいな」なんて言ってみたりして、

ちょっと大げさなくらいに好きアピールをしてみると告白の勇気も出るはずですよ。

「都合のいい相手」である

自分にとって都合のいいように扱える女性に対しては、男性もわざわざ告白をしたりはしません。

今のままで好きなように振る舞えるのに、そんな最高の状況を自ら壊すようなことはしないでしょう。

そんなことにならないためにも、付き合っているのかどうかもよくわからない状況なのにエッチをしてしまったり、完全に男性の言いなりになったりするのは絶対にNG。

好きだからといって何でも思い通りにさせてしまうと、すぐに飽きられる原因にだってなりかねませんよ。

まだひとりには「決めたくない」

「まだひとりの女性には決めたくない」とか「他にもいい子が現れるかも」なんて感じて、告白をするのに二の足を踏んでしまう男性もいたりします。

こういったタイプの男性は、そもそもそれほど本気であなたのことが好きなわけではないのかも。

また、「まだまだ遊びたい」といった思いも強いのでしょうから、付き合ったところで浮気をされる危険性も大。

なんとなくデートをしたりはするものの、夢中であなたのことだけを追いかけているような感じが見られないのであれば、あまり深入りはしない方がいいかもしれませんよ。

告白してくれない男性

「付き合う気」はない

仲良くしているからといって、男性が必ずしも「恋人にしたい」という思いになるとは限りません。

一緒にいて楽しくても「付き合うのは面倒だな」と感じたり、「今の状態が心地いい」と考えているケースだってあります。

ふたりの関係性などの肝心な話になると、なんとなくはぐらかしたり話題を変えようとする場合は、付き合おうという気はまだあまりないのかも。

こういった状況のまま肉体関係を結んでしまうと、都合のいい相手にされる危険性も出てくるので、焦りすぎずにじっくりと深めていくことも大事でしょう。

おわりに

告白してくれないからといって、「私のことは好きではないんだ」と決めつけてしまうのはよくありません。

告白ができないのか、告白をする気がないのかは、ちゃんと見極めるようにしてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)