実家暮らしの理由

さて、突然ですがあなたは、男性の実家暮らしについて、どう思いますか?

すこし前までは、実家暮らしの男性って、女性に敬遠されがちでした。しかし、時が流れ、令和の時代となったいま。

実家暮らしの男性って、それなりにデメリットもあるけれど、メリットもたくさん。案外「狙い目」だったりするんです。

そこで今回は、実家暮らしの男性の生態及び、交際するメリットを徹底調査!

もしあなたの気になる彼が実家暮らしなら……この記事は必見です!

実家暮らしの理由

実家暮らしの理由

まずは、皆さんがいちばん気になっているであろう、「なぜ実家暮らしか?」その理由を探ってみましょう。

なるほど!という納得の理由から、意外な理由までさまざま。さて、あなたの気になる彼は、どんな理由で実家暮らしをチョイスしたのでしょうか?

楽だから

「帰ったら風呂は沸いてるし、メシの支度もできてる。スーツのクリーニングも頼めるし、なんにもやらなくていいから、楽なんですよね」(27歳/会社員)

もっとも多い理由は「楽だから」。

ひとり暮らしとなると、仕事から疲れて帰ってきても、食事の支度やお風呂の準備など、いろいろな家事をしなければなりません。

その点実家らしだと、いたれりつくせり。なにもしなくていいのですから、こんなに気楽なことはありません。

金銭的にひとり暮らしが無理

金銭的にひとり暮らしが無理

「正直、まだ入社したてなので、給料もすくない。これでひとり暮らしはちょっとキツいんだよね。給料があがるまでは実家にお世話になります……って感じです」(22歳/専門職)

ひとり暮らしがしたくても、金銭的にキビしいので……というのもよく聞く話。確かに実家にいれば、家賃、食費、光熱費はタダ。これって結構大きいですよね。

ひとり暮らしする理由がない

とくに家族と仲が悪いわけでもない、職場が実家からめちゃくちゃ遠いわけでもない……。だから「ひとり暮らしをする理由が見当たらない」と、実家にそのまま住んでいる人も。

確かにひとり暮らしをはじめるには、労力もいるし、金銭的な負担もかかる。あえてイバラの道を選ぶ必要がないから、ということでしょうか。

家庭の事情

「おふくろが、ちょっと体調が悪いんだよね。まぁ、それが心配、というのもあるし、おふくろも『一緒に暮らしてほしい』って言うから」(25歳/公務員)

「実家が商売をしていて、いずれは自分が家業を継ぎます。今は修行中、といったところかな。
実家=職場なので、ひとり暮らしをするよりも実家にいて、いつでも対応できるようにしたほうが都合がいいんです」(27歳/飲食関係)

家業を継ぐ、家族の介護など、やむを得ない事情があるにせよ無いにせよ、家族に「一緒にこのまま暮らしてほしい」と言われて実家暮らしをしている、というパターンも。

この場合は仕方ない部分もありますが、結婚後、相手方のお親御さんとの同居を考えたくない場合はマイナスポイントになってしまうでしょう。

貯金するため

意外と多かったのが、貯金をするため、ムダな出費を省くために実家暮らしをしている、という意見。

前述したとおり、実家にいれば、諸々の生活費はかかりません。そのぶん貯蓄に回したり、好きなことにお金を使ったりできる、という合理的な考え方の男性も多い、ということなのでしょうね。

ひとり暮らしに飽きた

「学生時代から10年間ずっとひとり暮らししてて、いいかげん飽きちゃって(笑)。そろそろ実家に帰ってもいいかな~なんて思って実家に帰ってきました」(30歳/営業)

ひとり暮らし歴が長かった、もうひとり暮らしはじゅうぶんに経験したから、という理由で実家暮らしを選択した人も。

ひとりじゃ寂しい、という結論に至ったり、親のありがたみを痛感したりしたのかもしれません。

実家暮らしを選択している人々には、それなりの理由がある、ということがよくわかりますよね。

彼らの理由が納得できるものかそうでないか、それはあなたの価値観にゆだねられます。

実家暮らしの男性に抱く印象

実家暮らしの男性に抱く印象

では、世の中の女性陣は、実家暮らしの男性にどのような印象を抱いているのでしょうか?20~30代女性に「実家暮らしの男性、あなたはどう思う?」という質問をしてみました。

さて、彼女たちのイメージとあなたの抱いているイメージ、ぴったりマッチしていますか?

自立していないと思う

「いい大人が親に家事をしてもらっているって、なんだか自立できていないイメージ。家族に甘えているんだろうな、って思います」(25歳/看護師)

圧倒的に多かった意見は「自立できていない」。生活力が低く、誰かにお世話をしてもらわないと生きていけないんじゃないか、とすら思われているようです。

大人の男とはほど遠いイメージがある、ということですね。

マザコンっぽい

続いて多かったのが、マザコンじゃないのか?という意見。先ほどの「自立していない」と似ていますよね。

おそらく「実家暮らし=母親になんでも世話してもらっている」というイメージが強いのかもしれません。

中には「実家暮らしなんだ」と聞いた途端、母親の影がチラついて恋愛対象外になってしまう……と答える女性も。

堅実なイメージ

「私の周りの男性は、ひとり暮らしするお金がもったいないから実家に住んでる、っていう男性がほとんど。
みんなしっかりと貯金に励んでいるみたい。だから、実家に暮らしている男性は、節約家というか、堅実っていうイメージがあります」(24歳/医療機器メーカー勤務)

ムダなお金を使いたくない、しっかりと貯金をしたい、という堅実な男性、というイメージを持っている女性も多いようです。

中には金銭的に安定している気がする、という意見も。結構ポジティブな捉え方をしている女性もいる、ということですよね。

なにも思わない

とくになんとも思わない……という意見も。

実家暮らしだろうがひとり暮らしだろうが、その人の自由だ、と言ったところでしょうか。

恋愛対象にならない……

恋愛対象にならない……

「実家暮らし、って聞いただけで途端に冷めちゃいますね。どれだけ素敵な外見でも、お金持ってても、性格がよくても無理。お家デートとかもできなさそうだし、いきなり家に呼ばれて両親に紹介されるのも無理」(25歳/会社受付)

実家暮らしと聞くと、なんとなく冷めてしまう……という女性も。とくにこれ、といった理由はないのだそうですが、口うるさく干渉されそう、なんて思ってしまうのかもしれませんね。

結婚したら苦労しそう

「家事は女の仕事、って思ってそう。食べたら食べっぱなし、脱いだら脱ぎっぱなし、っていう感じがするから、結婚したら家のことに無頓着で、苦労しそう。そんな状態で子供とかできたら最悪!」(26歳/医療事務)

実家暮らしの男性が、家事をやっているとはなかなか考えられませんよね。そのため、家事全般に対して無頓着、というイメージを持っている人も多いようです。

いまのこのご時世、男性だって家事をする時代。家のことは一切やらない、という男性は敬遠されてしまうのです。

家族思い

ポジティブな意見の中でも多かったのが「家族思いのイメージ」という意見。確かに、親子で仲が悪いのに実家に居座る、という人はすくないはず。

実家暮らしの男性は、家族との関係が良好である証だ、という風に捉えている人も少なくないようです。

家庭の事情で実家暮らしをしているかもしれないので、家族思いの優しい人に違いない、という意見も聞かれました。

ワガママそう

至れりつくせりで親になんでも世話してもらっているからワガママそう、自分の思い通りにならないとすぐに怒りそう、というイメージを持っている人も。

結局、実家暮らしの男性は成長できていないお子ちゃまだ、と思われている、ということなのでしょうね。

親と同居させられそう

「実家暮らしの人って、なんだかんだ言って実家を出る気がない、という人だから、結婚したら当然のように親と同居させられそうな気がする」(27歳/公務員)

結婚をリアルに考える年代からは「実家暮らし=同居」というイメージがある、という意見が多く聞かれました。

結婚するにあたって、同居問題は切実。実家暮らし、というだけで結婚を前提にしたお付き合いは遠慮したい……と思ってしまうのかもしれません。

お金を持ってそう

「ひとり暮らしだと、生活費とかにお金がかかっちゃうから、よっぽど給料がよくないと、自由になるお金はすくないと思う。
その点、実家暮らしだと、給料がほとんどお小遣いになってるから、お金を持ってる、っていうイメージがある」(22歳/会社員)

生活費を使うことがないからお金を持っているイメージ、という人も。確かに同じ給料でも、ひとり暮らしの人と実家暮らしの人だと、使えるお金に大きな差が出るのは事実。

「ちょっとリッチなデートをしてくれそう」「高価なプレゼントがもらえそう」なんていう人もチラホラ。実家暮らし男性ウェルカム派の意見と言えるでしょうね。

いろいろな意見が聞かれましたが、ポジティブな意見よりもネガティブな意見の方が上回っているイメージ。やはり実家暮らしの男性は、女性ウケはややよろしくないのかもしれません。

実家暮らしの男性と付き合うメリット

実家暮らしの男性と付き合うメリット

では、実家暮らしの男性とお付き合いすると苦労ばかりで、あまりメリットはないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。むしろ、ひとり暮らしの男性よりも「オイシイ」ポイントがたくさんあるんです!

ここでは、実家暮らしの男性をお付き合いすると、どんなメリットがあるのかをご紹介しましょう。

お金に余裕がある

一番のメリットは、やっぱり「お金がある」ということ。生活費がほとんどかからないので、ひとり暮らしに比べると格段にお金を持っているのが実家暮らしです。

そのため、ひとり暮らしの男性よりも高級なレストランに連れていってもらえたり、高価なプレゼントがもらえたりする確率は高い、と言えるでしょう。

浮気の心配がすくない

実家暮らしとなると、なかなか家に彼女を連れてきて……というのはむずかしいもの。

ましてや浮気相手を連れてきた日には、お母さんに「あれ?前に連れてきた子とは違うじゃない!」なんて言われかねません。

プライベートな空間や時間がすくないので、ひとり暮らしの男性よりも浮気する確率は格段に低いのもメリットのひとつです。

親と仲良くなりやすい

ひとり暮らしの男性だと、なかなか彼の両親に会う機会なんてありません。結婚が具体的になってから初めて両親に紹介してもらった、なんてこともめずらしくない話。

その点、実家暮らしの男性なら、家に行けば両親がいるわけですから、出会う機会はいくらでもあるんです。見方を変えれば、しょっちゅう会う機会があるほうが、仲良くなれるチャンスが広がるとも考えられますよね。

逆に、「このご両親とはウマが合わないな……」と思ったら、結婚の話が出る前にサヨナラ、なんてこともできるのです。

スムーズに結婚へと進める

スムーズに結婚へと進める

彼がひとり暮らしの場合、「一緒に住みたい」となったら同棲すればいいだけの話。そのままズルズルと同棲期間が長引いて……というのもよくあるパターンですよね。

その点実家暮らしだと「一緒に住みたい」となると、彼が家を出ていかなければいけません。

もしかしたら相手の両親に「ケジメをつけなさい」なんて言われるかもしれませんよね。となると、「一緒に住むなら結婚しようか」と話がまとまる可能性も大いにあり得る、ということです。

ライバルがあまりいない

前述したとおり、実家暮らしの男性に対してポジティブなイメージを持っている女性は少数派。

大多数の女性は、実家暮らしの男性との恋愛は遠慮したい……と思ってるようです。

ということは、恋のライバルもあまりいない、ということ。意中の彼は争奪戦……という羽目に陥る可能性は、限りなく低い、と言えそうです。

結婚資金が早く貯まりやすい

最初にもお伝えしたとおり、実家暮らしの男性はひとり暮らしの男性に比べると金銭的に余裕があります。

いざ結婚……となったときも、結婚資金が貯まりやすいのは断然実家暮らしの男性。

結婚したいのにお金がない……という悩みとはほぼ無縁だ、と思ってもいいかもしれません。

車を所有している率が高い

マイカーを持ちたくても、維持費が大変。とくに都心では、駐車場代が家賃並みに高い……というところも多いため、なかなか車を購入することができない、という人も。

その点実家暮らしなら、本人が車を所有していなくても、両親が車を持っている場合もあります。

つまり、実家暮らしの男性となら、ドライブデートの希望が叶う可能性が高い、ということ。電車やバスの時間を気にしなくていい車でのデートって最高ですよね。

お泊まりに特別感が出る

ひとり暮らしの彼氏の場合、彼の家にお泊まりに行ってそのままなんとなくダラダラ過ごしてお泊まり……というパターンが多くなりがち。

その点実家暮らしの場合は、お泊りとなると、ホテルなどの宿泊施設に出向かなければなりません。「ちょっとめんどうだな……」なんて感じているそこのあなた、それは大きな誤解です。

ホテルにお泊まりする、ということは非日常の世界を楽しむことができる、ということ。

つまり、実家暮らしの男性とだと、お泊まりがスペシャルイベントになるのです。もしかしたら、記念日にはちょっぴりゴージャスなホテルを予約してくれて……なんてことも期待できるかも。

実家暮らしの男性と付き合うと、色々なメリットがある、ということがおわかりいただけたかと思います。

ひとり暮らしの彼氏では決して味わえない幸せや、よろこびを感じてみるのも悪くないと思いますよ。

幸せな交際ができる実家暮らし男性の見分け方

幸せな交際ができる実家暮らし男性の見分け方

実家暮らしの男性とでも問題なく幸せになれる可能性は高い!ということはおわかりいただけたと思います。

しかし、実家暮らしをしているすべての男性が、交際や結婚に向いているとは限りません。

残念ながら、「やっぱり実家暮らしと付き合うんじゃなかった……」と思ってしまうような男性もいるのです。

皆さんの中には「私の気になる彼、実家暮らしなんだけど、大丈夫かな?」なんて考えている人もいることでしょう。

そこで、実家暮らしでも交際や結婚に向いているかどうかをチェックするポイントをご紹介しましょう。

過去にひとり暮らしの経験があるか

現時点では実家暮らしだけれど、学生時代など過去にひとり暮らしの経験がある場合は、「自立している」と言っても問題ないでしょう。

また、ひとり暮らしの経験はなくても、過去に学生寮や社員寮に入っていたことがある、というのもOK。

ひとりで生活することの大変さをすこしは理解しているはずですからね。

両親が共働きかどうか

もし、彼の母親が専業主婦で、3食はもちろん、3時のおやつまで手作りしていた……という場合は、ちょっと料理をがんばらないといけないかも。

男性って、「女性は家事をどこまでするべきか」というのは、自分の母親を基準にして考えることが多いのです。

彼のお母さんが料理上手で家も毎日ピカピカに磨いているのなら、彼はそれが当然だと思いますし、当然パートナーにも同じレベルの家事能力を求めます。

その点、お母さんが仕事で忙しかった、という男性は、晩御飯はお惣菜、家も少々散らかっていてもかまわない、という家で育った可能性が高いでしょう。そのため、自分の彼女が家事が苦手でも気にならない傾向にあります。

お父さんも家事を行っていたから、男も家事を分担して当たり前、という風に思っている人も多いようです。

実家暮らしといえども、母親がバリバリ働いている家庭で育った男性は、女性の社会進出や男性の家事分担に対して理解がある人が多いのです。

お金の使い方はどうか

何度も言いますが、実家暮らしの男性は生活費にお金を使うことがないので、貯金がしやすいし、金銭的に余裕がある人が多いもの。

実家暮らしなのに、常に金欠……という男性は要注意。あればあるだけ使ってしまう浪費家の可能性が高い、と言えるでしょう。

また、給料を家に入れずにまるまる全部自分の小遣いにしている、という男性も考えもの。

常識的な人なら、実家にお世話になっているから……とある程度のお金を生活費として両親に渡すもの。

それができない男性は精神的に未熟で、自分さえよければいい、という考え方の持ち主であることが多いのです。

家事能力はどうか

家事能力はどうか

お皿洗いの手際は良いか、洗濯機の使い方を知っているか、炊飯器でお米を炊くまでの工程をこなせるか、衣服用のアイロンを使えるかどうか……、などもチェックしておきたいポイント。

もし、なにひとつできない・したことがないという男性は、親御さん、とくに母親が過保護な場合も。

お母さんがあれやこれやと世話を焼いてきたものですから、家事は「誰かにやってもらって当り前」という考え方が身についています。

そんな男性と付き合ったりしようものなら大変。あなたはあっという間に「母親の代わり」の役目を負わされることでしょう。

それどころか、彼の親御さんの過干渉にさらされることになるかもしれません。

たかが洗濯機、されど洗濯機……。使い方を知っているかどうかって、とっても重要なチェックポイントなのです。

母親との関係はどうか

「もちろん、お母さんと仲がいいほうがオススメなのよね」と思っているあなた。残念ながらそれは不正解です。

じつは、「ある程度母親に反抗できる男性」の方が交際や結婚にはオススメなのです。お母さん大好き、なんでもお母さんに相談、という男性は、いわゆるマザコンの気があります。

また、「息子大好き、息子可愛い」で過ごしてきた母親は、息子の恋人をライバル視します。

おたがいが依存しあっている親子関係の場合、他人であるあなたはあきらかによそ者で邪魔者。付き合う、結婚するとなると、なにかしら母親の妨害が入ることも予想されます。

また、あなたも彼のマザコンぶりに遅かれ早かれ嫌気がさしてしまうことでしょう。

実家暮らしと言えども、母親からきちんと自立し、ある程度母親のことを煙たがっているくらいの男性の方がうまくいくものなのです。

愛があれば、住んでいる場所なんて

愛があれば、住んでいる場所なんて

さて、実家暮らしの男性について、いろいろと解説してきましたが、ここで結論を述べたいと思います。

結局のところ、実家暮らしだろうがひとり暮らしだろうが、大切なのは「中身」。

ひとり暮らしでも精神的に未熟な男性がたくさんいるように、実家暮らしでも、自立した大人の男性はたくさんいる、ということなのです。

最終的に大切なのはその人の人間性なのですから、実家暮らしだからというだけで恋愛対象外にしてしまうのは、もったいない。

まずはその人がどんな男性か、付き合ったらどんな未来が待っているか……それを見極めてから判断しても、遅くはないですよ。

(パル吉/ライター)

(愛カツ編集部)