プロポーズ 夏

年下彼氏とのお付き合いを始め結婚を意識し始めたころ、彼は結婚に対してどれほど考えてくれているのか悩んだ経験はありませんか?

年齢の兼ね合いから自分ばかり焦っているけど自分からはなかなか言い出しにくいし……。せっかくなら彼からプロポーズされたいですよね。

今回は年下彼氏が実際に結婚を決めた体験談をもとに、プロポーズしたくなる年上彼女の特徴をご紹介します。

プロポーズ 夏

包容力が同い年とは違う

「僕が結構チャレンジ精神旺盛で急に物ごとを始めたり、思いつきで行動したりすることがよくあるんですが、彼女はいつも見守ってくれています。年上で包容力がある彼女なのでこの先一緒にいても僕のよき理解者になってくれるだろうと思い、結婚を決めました」(30歳/医師)

多くの年下彼氏が年上彼女に求める条件の一つは、やっぱり包容力を持っていることでしょう。

年下男性にとって、若さゆえの挑戦も受け入れて応援してくれるなど、大らかで大人な女性は魅力的で一生一緒にいたいと思える存在になるはずです。

年上と思わせない振る舞いもたまに見せる

「出会った当初、年上だし結婚は特に考えずなんとなく付き合っていました。でも付き合っていくうちに、年上だと思えないあどけなさや、年上だからと気負ったりせず頼ってくれる姿にも、どんどん惹かれていきました。気づけば守りたい存在になっていて結婚を意識し始めましたね」(27歳/営業職)

男性は、たとえ彼女が年上だとしても、ときに頼られたり尊敬されたりするとやっぱり嬉しいと思うようです。

年上だからといって強がったり彼を子ども扱いしたりせずに、弱い部分をさらけ出す、たまに思いっきり甘えるなど、男性が守ってあげたい!と思えるような一面も見せてみては?

束縛せず、絶妙な距離感を保ってくれる

「元カノが年下で、甘えてくれるのは嬉しかったけど、どこに行くのにも付いてきたりして、束縛されているような気分になって……。もう恋愛は当分いいかな、と疲れていたところに6つ上の今の彼女と出会いました。

彼女は、一緒にいるときは距離感も近くて仲良しだけど、そうでないときは特に僕の行動に干渉してくるわけでもなく、年上ならではの貫禄なのかいつも堂々としています。やっぱり自分の時間も大事なので、結婚するなら、そんな風にほど良い距離感を保ちつつ自然に一緒にいれる人がいいなと思いますね」(29歳/アパレル業)

結婚するとずっと一緒に過ごしていくことになるので、自分だけの時間や人間関係を尊重してくれる余裕を持った年上女性に魅力を感じる人も多いようです。

彼にとって居心地の良い存在になれるよう、いつもベタベタするのではなく、適度な距離感を保つようにするといいのかも。

「甘え」と「大人」をうまく使い分け唯一無二の存在に♡

自分の方が年上だと、つい母親のようなお節介な振る舞いをしてしまうことも、あるかもしれません。

しかし、そこで少なからずプライドを持っている男性に対して大人な対応を見せつつ、男心をくすぐるような甘えた部分も見せると、彼もグッとくるのです。

そうすれば、一生一緒にいたい!と思える女性になれるのではないでしょうか。

(愛カツ編集部)