げんなりするセリフ

気になる異性と仲良くなるには食事が1番。

でも、気軽に誘いやすい食事だからこそ、ちょっとした振る舞いが地雷となってしまうこともあります。

「この子とはもうないな」と思ってしまった男性意見。気になりませんか? しっかり事前チェックして、恋のチャンスを逃さないようにしておきましょう!

げんなりするセリフ

「このお店微妙だね」

誰でも、お店選びを失敗することがあります。しかし、お店を選んだ男性や、予約した男性が「このお店微妙だったね、ごめんね」と言うならまだしも、誘われた女性が「このお店微妙だね」なんて、否定的な発言をするのは絶対にNG。

どんなに微妙なお店だったとしても、この発言をしてしまうことで「せっかく予約したのに」「期待に応えられなかった気がしてへこむ」と男性は思ってしまいます。

また、気遣いなく否定的な発言をする女性に対して、わがままで気が強い女性なのかもと思ってしまう男性も多いもの。

このセリフを言っていいのは、関係が築けたあとで、なおかつ、男性に同調するときのみです。

「お腹いっぱーい」と平気で残す

ときには、お腹いっぱいで食べられないということもありますよね。食事を残してしまうことが、男性をげんなりさせてしまうわけではありません。

でも「お腹いっぱーい」と、食事を残すことに対してなんの抵抗感もないような態度だと、男性はげんなりしてしまいます。

「奢る気がなくなった」「仕方ないけど、失礼な人だと思った」なんていう男性のご意見も。

どうしても食べられないときは「ごめんね。本当に全部食べたいんだけど、もうお腹いっぱいで」と、申し訳なさを見せる言葉で対応していきましょう。

また、自分の食べられる範囲でオーダーする配慮も大切です。

「職場が最悪」とグチばかり

食事の時間に、仕事や友達のグチばかり話してしまうのも要注意。「楽しく食事したいのに食事がまずくなる」「ネガティブな話ばかりで疲れる」と、男性をげんなりさせてしまいます。

話が弾む食事の時間だと、ついついグチを言ってしまいがち。グチばかりにならないよう意識しておきましょう。

また、グチになりそうなときは、「〇〇くんだったらどうする?」など、アドバイスを求めて前向きな会話になるよう心がけるのもおすすめです。

「〇〇して」と店員に命令口調

彼に対する態度が完璧でも、店員さんに横柄な態度をとる女性は、がっかりされてしまいます。

男性は、意外と細かい部分を見ているもの。特に「窓側の席にして」「早くして」などと命令口調で要求してしまうと、わがままで自己中心的な女性に見えてしまいます。

お店側へなにかお願いしたいときには、丁寧な言葉と、謙虚な態度でお願いしましょう。

また、彼だけではなく、周りの人に対してにこやかに振る舞っておけば、それだけで「感じのいい子」と思ってもらえるはずです。

おわりに

いかにもNGな言葉ですが、実際のデート現場を見ていると、意外と男性をげんなりさせてしまっている女性が多いようです。

自分のことになると、人は盲目になりやすいもの。だからこそ、些細な言葉にも配慮することを忘れずに。

楽しませてもらうだけではなく、楽しませる意識を持つことで、もっともっと愛される女性になれるはずです。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)