恋愛を長続きさせるコツ

せっかく彼とお付き合いできてもなかなか長続きしない……。

そんな女性はもしかすると、上手に自分の気持ちを彼に伝えられていないのかもしれません。

自分は彼のこと大好きって思っていても、彼にそれが伝わっていなければ、二人の関係も深まっていきません。

今回は、恋愛を長続きさせるための重要なポイントをアドバイスします。

恋愛を長続きさせるコツ

彼に好きって伝えましたか?

恋愛がうまく長続きしないカップルの中に、相手に好きって伝えられていないという人がけっこういます。

お互い付き合うことになったタイミングで、それなりに気持ちを伝えているのだとは思いますが、それ以降、好きという気持ちを伝えあうことがないと仲が深まりません。

言葉は意外と強い力を持つもので、毎日好き好き言い合っているカップルはそれだけお互いの心も安定していますし、結びつきも強くなっていきます。

好きと言い合わないカップルは、付き合うほどに「この人は本当に自分のことが好きなんだろうか」という不安な気持ちが大きくなるといいます。

言い過ぎかな、というくらい「好き」と伝えてみるのも得策です。

友達以上の関係になりたいと伝えましたか?

イマドキの男性は草食男子といわれるように、なかなか自分から積極的に恋愛を進めないというところがあります。

だからこそ、女性も一緒になって恋愛を進めないと、いつまでたっても友達以上にはなれません。

特に、イマドキ男子は女性が乗り気でないのに、強引に恋愛を進めてくるということもないので、女性が乗り気だというそぶりを見せない限りはなかなか恋愛も進展していかないのが現実です。

イマドキ男子は、ずっと平行線のままでも平気でしょう。友達以上の関係になりたいと彼に伝えないと、恋愛関係は深まっていきません。

今はまだ深い関係になれなくても、ゆっくり関係を築いていきたいことをしっかり伝えることが大切です。

何年経っても、友達なのか彼なのかがわからない関係になってしまうことも否めません。

匂わせすぎて彼に冷たい態度をとっていませんか?

素直じゃない女子

彼のことが大好きなのに、あえてそれを表に出さず、そっけない態度をとったり、距離を置いてみたり、あたかも他に男性がいるように演出する女性も少なくないのだとか。

ツンデレやSっぽさが伝われば問題ありませんが、相手や状況によっては、彼は「ほかに好きな人がいるんだろうな」と思われてしまうことも。

勝手に誤解されて、離れていってしまうのも寂しい話なので、あまり演出しすぎず、本心でぶつかることも大事です。

まとめ

日本人は愛情表現をすることに関して奥手な傾向にあります。

「好き」って言わなくてもわかってくれると思いがちですが、やはり言わないと気持ちは伝わりません。

何度も何度も言い合うことで、はじめて二人の中に浸透するものです。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)