年下男子との恋愛

年上の姉御たるもの、年下彼氏ができたらちゃんと虜にしたいものですよね。

かわいい年下彼氏に、いつまでもあなたと一緒にいたいと思ってもらいたいなら、年上彼女として「尊敬」される存在になることが一番です。

今回は、年下彼氏に尊敬されて、虜にする方法をご紹介します。

年下男子との恋愛

時には毅然と叱る

年下女性と付き合う男性の中には、お姉さんからいろいろと教えてもらいたい、育ててもらいたいという男性も少なくありません。

だからこそ、年下彼氏がマナー違反をしたり、よくない行動をとったりしたときには「それは迷惑になるからダメだよ」「だらしない」と毅然と注意してあげましょう。

同年代から叱られたらイラッとすることも、人生の先輩である年上女子からの言葉なら、すんなり聞いてくれるもの。

年下彼氏は、年上彼女が叱ってもウザいなんて思いません。年下彼氏はきっとあなたのことを「正しい方向に導いてくれる」存在と尊敬し始めるでしょう。

相談事には親身になってアドバイスする

年上女子が秀でていることといえば、彼よりも少し社会経験が多いということ。

だから、年下彼氏の相談事にアドバイスできることは多いのではないでしょうか?

男性は、意外と相談できる相手が限られています。男同士はやっぱり弱みは見せたくないもの。

そんな中で、ライバルにならずに心置きなく弱音を吐き出せる年上の彼女は、貴重な存在でもあるんです。

悩んでいるときこそ、親身になってアドバイスしてくれたら、より一層頼りになる存在ですよね。

ただし、上から目線で「こうしなきゃダメ」と決めつけて従わせようとさせるのはNG。

頼れるお姉さんから、口うるさいオカン的存在になり、ガミガミ言われると彼も以後相談したくなくなるでしょう。

甘えさせてあげるときも、甘えるときも思いっきり

年上彼女のメリット

年上男性とのカップルの場合だと、彼女が甘える側になりがち。

男性も、年下の女性には、かっこ悪い姿を見せられないでしょう。

その点、年下彼氏と年上彼女の関係は、思いっきり甘えたり、甘えられたりする関係になれます。

彼女から甘えられたら、年下彼氏も男性としてうれしいでしょうし、一方で、思いっきり甘えられるのも捨てがたい。

両方の役割を自然にできるのは、年上彼女ならではでもありますね。

まとめ

年下だからといって、いつまでも子供に見られるのは嫌。背伸びしてでも大人に見られたいのが年下男性というもの。

そんな彼らですから、同期から抜きんでたいなど、向上心も高い傾向にあります。

時には師匠のように、自分を高められる相手を求めているもの。年上彼女として、ぜひその役割を担いましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)