年下男子

年下男子くんは、年上の女子と付き合うのってどう考えているのでしょう?

女子側は、世代が違うから自分と話していても面白くないんじゃ……なんて先回りして悩んだりするようですが、実は案外年下男子くんは年上女子とのお付き合いにあまり抵抗ない場合が多いようです。

ですが、彼女が年上だからこそ感じる「言葉のプレッシャー」というのもあるようで……。

実は年下男子くんがプレッシャーを感じている、年上女子の何気ない言葉とはいったいどんなものなのでしょう?ここでは、そんな言葉を見ていきましょう。

今回は「年下男子がプレッシャーを感じる年上女子の言動」を3つご紹介します。

年下男子

「あなたには、まだわからないでしょう?」

年上女子は、年下男子くんをついつい弟のように思いがち。その上、彼の社会経験が少ないとなるとなおさらです。

年上女子が仕事で悩んだり、後輩の指導で悩んだりすることがあるでしょうけれど、そんなときは年上男子くんも一緒に悩みたいんです。

ですが、年上女子の中には、経験の少ない年下男子くんからそれほどよい解決法が出てくるとも思えず、未熟なアドバイスについ「この件についてあなたはまだ(子供すぎて)わかんないでしょう?」なんて言ってしまうときがあります。

実はこの言葉、年下男子くんはとってもプレッシャーになっているのです。年齢差を感じるのは案外こんなときかもしれませんね。

自分の方が先輩だからと、彼を子供扱いせず、平等に大人として見てあげて。

「年下なんだから生意気いわないの」

年下男子説得

年下男子くんは、たとえ年下だとしても、いっぱしの男性です。

やっぱり女性を守りたいという気持ちはあるんですね。彼女がいろいろと先の心配をしはじめたら、年下男子くんだってその気持ちを支えたいと思うはず。

例えば、彼女が家がほしい、店がほしいなど将来の夢を語っていたら、それをかなえてあげたいと思って、「僕がなんとかしてあげる」なんていいたくなっちゃいますよね。

ですが、気持ちがあっても現実にはなかなか難しいことに対して、ついつい「年下なんだから生意気いわないで」なんて言ってしまうと、彼もショック。

彼だって、現実的には厳しいことはわかっているはず。それでも「力になりたい」と思ってくれている彼の気持ちをくんで、ここは素直に感謝の気持ちを伝えましょう。

将来私のこと幸せにできるの?

年下男子くんだって、彼女を幸せにしたいとは思っているはず。

ですが、ついつい年下男子くんと付き合って、不安を感じている年上女子は「将来私のこと幸せにできるの?」なんて聞いてしまうこともあるでしょう。

そんなとき、年下男子くんはプレッシャーを感じてしまうようです。

彼女を幸せにしたいと思っていても、自分だって将来が見えてきません。まだスタートしたばかりでなおさら先の見えない年下男子くんはなおさらですよね。

彼の心意気には素直に感謝しよう

彼女がピンチのときは救いたい、ストレスを少しでも取り除きたいと思うのは、彼としては当たり前のことですよね。

年齢差関係なく、彼の心意気には、素直にありがとうといえることが良い関係を結ぶコツでしょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)