彼がされると喜ぶボディタッチ

好きな人と一緒にいて、ボディタッチを自分からしますか?

受け身な女性だと、あまり積極的に、好きな人の体を触ったりすることは少ないかもしれませんね。

でも、言葉ではなく肌から気持ちが伝わることは、意外と多いもの。

今回は、デート中に実践したい、彼をドキッとさせるボディタッチをご紹介します。

彼がされると喜ぶボディタッチ

彼の肩に自分の肩を当てる

行き先まで歩く際、「彼に触りたいけど、どうしよう」と思う瞬間ってありませんか。

自分から思い切って手を繋ぐのは、大胆。かといって、後ろから抱き着くのもちょっと違う……。

そんなときは、それとなく彼の体に近づいて、自分の肩をそれとなく彼の肩に当ててみてください。

公共の場での誘いに、彼は「人前なのにいいの?」といった、恥ずかしさと緊張が入り混じるでしょう。

しかし、そうした刺激が、彼をさらにドキッとさせると思います。

お店を探しているなら、スマホの地図を見せながら、わざと彼に近づくとか。

彼によっては、次の瞬間には手を繋いだり、照れるような表情を浮かべたりするかもしれませんよ。

ご飯時、彼の靴に靴を当てる

ご飯中もできるボディタッチはあります。たとえば、テーブル席。

メニューを頼んだあと、たちまちスマホに夢中の彼なら、「構って」といわんばかりに、彼の靴に自分の靴を当ててみるとか。

食後「この後、どうする?」と聞かれたら、それとなく彼の靴に自分の靴を当てて、自分の気持ちを遠回しに伝えるとか。

食事中はお店の人、周りの人の目もありますし、なかなか大胆な行動には出られないもの。

しかし、テーブル席の下なら、視界に入りづらく、足元でイチャイチャしてもバレずに恋人関係を楽しめると思います。

もう少し大胆にするなら、足を絡ませてイチャイチャしたいことを、彼にアピールするのもよいですね。

素知らぬふりをして、自分の足を彼に当て、甘えたい気持ちを伝えてみては。

彼はお店のなかとはいえ、ドキッとするのでは?

指と手を使って…

同じ車に乗っていて、彼にすり寄りたい。

カウンターの席でお腹が満たされて、彼に体を寄せたい。

デートですから、そんな風に彼に甘えたいときもあって、当然だと思います。

でも、公共の場ですし、女性から進んでボディタッチをするのも恥ずかしい。

そんなときは、それとなくでもいいので、彼の手に自分の手を当てるとか。彼の太ももに手を添えるとか。

彼によっては「ん?」「どうしたの?」となるかもしれませんね。

甘い雰囲気を漂わせながら、彼に甘えたい意思表示を見せてみて。

彼はあなたの気持ちを察して、そのまま手を繋いでくれたり、同じように指を絡ませてくれるかもしれません。

おわりに

デート中はいかにイチャイチャし、ラブラブな雰囲気を高められるかも大事です。

普段消極的、受け身でデートをしている女性は、たまには自分から積極的に行動をしてみては。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)