復縁を迫られたら

別れた彼から復縁をもちかけられたら、あなたはどうしますか?

「やったー!」なんてすぐに元には戻れませんよね。理由があって別れたのですから、迷って当然です。

ここでは、元彼との復縁に迷ったときに確認すべきポイントを、別れた理由別にご紹介していきます。

復縁を迫られたら

1、彼の浮気が原因で別れた場合

「学生時代に付き合っていた彼は、人当たりが良く、面白い人でした。でも、調子よくて、軽い浮気が度々ありました。社会人になってなかなか会えなくなったのですが、職場で魅力的な女性をみつけたのが原因。でも、『やっぱりオマエが忘れられない』と復縁の申し出が来て、正直迷ってます」(24歳・女性)

<確認すべきポイント>
まず、浮気されて別れた場合は、彼への信頼はゼロ。しかも、何度も繰り返していた時点で、彼女から元彼への疑いが消えるはずがありません。

そもそも、浮気癖の完治は難しいでしょうし、たとえ彼が改心しても、心に住みついた疑惑はことあるごとに顔を出すでしょう。

それでも復縁することが、幸せなのか?冷静に考えなくてはいけません。

2、自分から別れを切り出した場合…

「SNSで知り合った彼と2年ほど交際。見た目はカッコイイのに口下手で、女性慣れしていない感じ。誠実だから結婚相手にぴったりでした。別れたのは、私の転職が原因。刺激のない彼でしたから、仕事が勝ってしまいました。最近、偶然彼と再開したら彼も独り身、私もそろそろ結婚したいし、復縁を考えています」(35歳・女性)

<確認すべきポイント>
彼女の場合、自分の状況を優先させたことで彼と別れているのですから、このまま復縁しても彼を振り回してしまうことは容易に予想できます。

大事なことは、「彼でなければいけない理由」があるかどうか。

彼のことが本当に好きで今後もずっと一緒にいたいのか、それとも結婚だけが目的の復縁願望なのか、見つめ直してみるべきですね。

3、元不倫相手から復縁の申し出が…

「取引先の男性と不倫してました。当時別居していたようで、罪悪感はなかったです。3年付き合っても結婚に至らず、結婚を促したら別れをきりだされました。1年後に彼から連絡があり、正式に離婚したそうで復縁の申し出が。どうしよう!?」(40歳・女性)

<確認すべきポイント>
別れたときは、結婚できなかった彼。でも、復縁の申し出は、決して結婚の申し出とは限らないことを理解できているでしょうか。

そして、彼女が未練を残して別れたことも大切な要素です。

相手から復縁を望まれているのに、こちらがよりを戻してもらう感覚が残っていると、再び同じ様なやりとりと別れが訪れます。

その覚悟が持てるかは復縁するか、否かの大きなポイントになります。

復縁は普通の恋愛以上に難しいことがある!

3人の女性のエピソードをもとに考えてきましたが、どのケースも一筋縄ではいかないものばかり。

もう一度同じ時間を彼に費やす覚悟があるか、復縁=結婚ではないことなど、条件を洗い出し、整理した上で検討しましょう。

同じことを繰り返さないためにも冷静な判断が必要ですので、周囲の意見にも触れてみましょう。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)