鬱陶しいLINEの内容

いまや恋愛に欠かせないLINEですが、便利であると同時にトラブルもつきもの。

好きな人とのやりとりには、返信ひとつ送るのにもドキドキしてしまいますよね。

正解はわからなくても、せめて「重い」「ウザい」「この子とのLINEはしんどい……。」なんて思われたくないもの。

そこで今回は、男子にLINEするのがしんどい!と思われてしまう子の特徴について紹介していきます。

鬱陶しいLINEの内容

知ってるのに!用がある日に限って必要以上にLINEしてくる

予定があると知ってるのにLINEをしてくるのは、たった1回でもウザい!

ましてや頻繁に送ってくるなら、なおさらのこと。これをしちゃう女子は空気が読めないことを印象づけてしてしまう結果になります。

そもそも彼が予定アリならば、たとえ彼からLINEが来ても、緊急時以外は、あとで返信するなどの配慮が必要です。

こういうタイプは、日ごろから心の中に不安を抱えているもの。相手が一緒にいないとき、何をしているのか知りたいのです。

やきもちからLINEで自分の存在をアピールする場合もあります。こんな女子は重いと思われると共に、ウザいとも思われてしまうから大変です。

男子は、間違いなくこういう女子にLINEするのが辛くなり、彼女から遠ざかっていくのものです。

どんな時間帯でも構わずLINEしてくる

いくら自分が夜型だといっても、深夜遅くにLINEをするのは非常識。

彼の体調や予定を気づかうことのできない時間のLINEほど、迷惑なものはありません。

同時に、彼から時間構わずLINEがあったときは、すぐに返信してしまうのも要注意。彼の生活リズムに合わせてくれる都合のいい女子と誤解されてしまいがち。

そうなったら、いつも自分の方を向いている重たい存在になってくる。

だから、ときには時間を空けて送ってみるのも大切です。その際は遅れた理由をさりげなく付け加えるのを忘れずに。

仕事中(授業中)お構いなしにLINEしてくる

うざいLINE

集中したいときはスマホを切る男子もいますが、業務連絡や緊急対応のために手元に置いていることが多いはず。

どんな内容のLINEでも、本音は「あとにしてほしい」でしょう。相手の心を察することができない女子は、大変面倒くさいものです。

はじめは返信をくれますが、そっけなかったり冷たかったりしたら、男子の気持ちを考えて!

くれぐれも「なんで、冷たいの?」などと、男子を追いこまないように。これは確実に「LINEするのがしんどい女子」になっちゃいます。

上手に活用して、彼の懐にスッと入り込もう

過去の連絡ツールと違い、躊躇せず他人を介することもない、リアルタイムで思いを伝えられるのがLINEの素晴らしいところです。

だからこそマナーを考えて、利用できれば「LINEするのがしんどい子」にはならないでしょう。上手にLINE活用しましょうね!

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)