本気で愛されていると男子が感じる瞬間

彼氏にあなたの「愛してる」という感情をどのくらい伝えられていますか?

愛を伝えるためには、直接的に言葉で言う以外の方法も存在します。

そしてそういう行動をしてもらったときこそ、彼氏は「本気で愛されてる!」と実感できるのです。そんな瞬間をリサーチしてみました。

本気で愛されていると男子が感じる瞬間

疲れた体を労わってくれたとき

「いつもってわけじゃないんですけど、彼女がたまに仕事で遅く帰ったときとか『体疲れ切ってない?大丈夫?』って言いながらマッサージをしてくれるんです。

その瞬間が大好きで、ほっとします。あと、ちょっと風邪っぽいなってときとかに気づいてくれるのも嬉しいですね」(32歳/教育)

仕事で疲れていそうなときには、彼に一言『体は大丈夫?』と声をかけてあげましょう。

もちろんそれだけでは疲れはとれないかもしれませんが、「心配してくれる人がいる」と思うと、精神的にはリラックスできるのではないでしょうか。

「無理ならデートやめようか?」

「彼女、本当はすごく寂しがり屋で、毎週末でも合わないと辛くなっちゃう子なんです。

そんな彼女からある日の木曜の夜に『最近仕事忙しそうだね。無理ならデートやめようか?』ってLINEが来て。『あぁ、愛されてるんだな』って実感しました」(28歳/教育)

デートって楽しいけれど体力的に辛いことがあるのも事実。

会えない寂しさを我慢しても、相手のことを気遣えるなら、それは本当の愛情でしょう。

「それはダメでしょ」とピシャリ

「今までで一番印象に残っているのは、僕が仕事でちょっとしたチートをしようかなって冗談半分で言ったときに、彼女から『それはダメでしょ』と叱られたことですね。

愛情を感じるときはたくさんありましたけど、愛してくれているから叱ってくれたんだって思ったのはそれが初めてで。

本当の愛とはって考えさせられました」(38歳/マーケティング)

なにも彼を甘やかすことだけが愛情ではありません。

間違ったことをしようとしているときにはしっかり止めてあげることも愛する人の役目です。

5分だけのデート

「年度末が本当に死ぬかと思うほど忙しくて、彼女との連絡もほとんど取れないような状況で。

悪いなとは思いつつ、余裕が全然なくて。1か月以上彼女をほったらかしにした状態だったとき、彼女から仕事終わったら連絡してってLINEが来てて。

夜遅くなったけど言われたとおりにLINEしたら、会社の近くで待っててくれて。5分だけ顔見に来たって。

で、本当に5分くらい話したら帰って行ったんです。このために何時間も待っててくれてたのか!って衝撃でした」(31歳/不動産)

相手に負担をかけないための5分だけのデート。なかなかそれで我慢できるものではありませんよね。

おわりに

あなたならどんな風に彼氏に愛情を伝えますか?

実は思ってもいない瞬間に彼はあなたの愛を感じているかもしれませんよ。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)