床上手と思われてこまること

「この人、夜が激しそう」と思う男性でも、実際にエッチしてみると意外と淡白だった……という経験はありませんか?

男性から勝手にエロい女性、床上手なのでは?と期待され過ぎて困ってしまった経験について聞いてみました。

床上手と思われてこまること

仕事が“お世話上手そう”と思われる職業

「看護師をしていると言うと『僕の下の世話もして欲しい』なんてセクハラを言われるのが日常茶飯事です。

夜も奉仕してくれそうに思えるんでしょうね」(27歳/看護師)

これはアダルト動画などで男性が知識を得ている……というのも影響が大きいのかもしれません。

実際にはそんなセクハラまがいのプレイを期待する男性より「仕事で人に尽くして疲れているだろうから、エッチのときは僕が尽くすよ」と気遣いができる男性のほうが圧倒的にモテますよね。

巨乳ゆえに「パイズリして欲しい」と絶対に言われてしまう

「エッチのときに彼が胸ばっかり触ってくるし、付き合った男全員から『パイズリして欲しい』と頼まれました。

私は気持ちよくないし、巨乳がエロいという思い込みはエロ漫画やAVの見過ぎだと思う」(33歳/美容関係)

貧乳に悩む女性にとっては、巨乳の女性が胸目的でモテてしまうのは羨ましい悩みにも思えます。ただ、人によっては男性不信になってしまうこともあるくらい深刻な悩みです。

何より「私じゃなくて胸のほうが大事?」と思ってしまうのが問題なのかもしれません。

「年上と付き合っていた」=経験豊富と思われてしまう

「元彼が18歳年上だったんですが、そのことを話すと『すごいテクニックを教え込まれていそう』などと勘違いされてしまうので困ります」(26歳/ネイリスト)

年上のおじさまと付き合っていた女性、というと色々妄想されてしまうこともあるようです。

年上と付き合っていたからといって、沢山の経験があるとは限らないですよね。

誤解されて面倒な場合は、正直に元彼の年齢を言わないほうが正解なのかもしれませんよ。

胸にあるホクロの位置で「エロ顔」判定されてしまう

「胸と胸のちょうど真ん中あたりの位置の上のほうにホクロがあるんですが、夏服だと特にくっきり胸元が見えやすいので『エロい』とネタにされやすくて嫌です」(23歳/保育士)

胸のほくろは珍しいケースかもしれませんが、顔の中でも目元や口元にあるホクロってセクシーですよね。

でも、それが嫌で「コンシーラーで消している」という話も聞いたことがあります。自分本来の良さを隠してしまわないといけないなんて残念ですね。

セクハラは笑って流す必要なし

実際は見た目と性欲って関係なかったりするのに、勝手に期待されてしまうとツライですよね。

見た目がセクシーなどの特徴は、自信を持っていいことなのに、それが男性からの言葉によってコンプレックスに感じてしまう女性もいます。

でも、セクハラまがいの言葉を気にする必要はありません。

相手の要望に合わせてばかりいないで、嫌なことは嫌と言える関係じゃないと、エッチも心から楽しめないですよ。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)