ツンデレテクニック

アニメなどを見ているとツンデレタイプが必ずといっていいほど登場してきます。

しかし、実際にそれをやるとなるとテクニックが必要ですし、やり過ぎても男性に引かれてしまいます。

そこで今回は、男性が思うNGなツンデレをご紹介しましょう。

ツンデレテクニック

1:別に求めてない

相手の好意を、頭ごなしに否定するようなツンデレはNG。

「ついこの間、知り合いの女性と飯を食いにいったときに、ここは奢るよって言ったら、『別にそういうのは求めてないです』って言われてドン引き」(Nさん・27歳男性)

相手の好意を否定してしまうのはツンデレではなく、「性格の悪い人」です。

もし、ツンデレをしたいのであれば、「別に嬉しくないんだからね!」と言いながらレシートを大事そうに持って帰るくらいしてみることをおすすめします。

2:頼みごとがあるときだけデレ

ツンデレというのは恥ずかしさをごまかすためのもの。頼み事があるときだけデレるという使い方はNG。

「元カノはいつも結構ズバッと言ってくる人だったんですけど、誕生日が近いときだけ『イチャイチャしよう』って感じでデレてきて、あざとさを感じましたね」(Rさん・26歳男性)

自分にメリットがあるときだけデレるというのは、あざとさを感じさせてしまいます。

人前では「お触り禁止!」とツンツンしているけれど、2人きりになった瞬間に「もう限界!」と手を繋いでくるというくらいが丁度いいといえるでしょう。

3:同じシチュエーションでも気分屋で変わる

ツンデレというのは気分屋といった印象があるかもしれませんが、ツンとデレの使い分けにはしっかりとした境界線を設けておくことをおすすめします。

「同じシチュエーションでも反応が違うのは、ツンデレじゃなくて単なるメンヘラ。相手のご機嫌を伺わないといけないのはキツい」(Aさん・28歳男性)

一貫性のないツンデレは、受け入れてもらえない可能性が高いです。

できれば2人きりになったときはデレるとか、「あんたのためじゃないんだからね!」と口では言っておいて、相手の好きなものを買う。そんな分かりやすさも大事です。

4:ツンとデレのバランスが悪い

ツンデレというのは、ツンツンしているときとデレデレのときのギャップに魅力があります。しかし、そのバランスが悪いのはNG。

「ツンとデレ、どっちが好きかっていうと圧倒的にデレじゃないですか。それなのにツンが9割でデレが1割だと付き合っていてキツいです」(Iさん・27歳男性)

恥ずかしくなって、ついツンツンしてしまう気持ちは分かります。

しかし、ツンばかりであまりデレないというのではツンデレとはいえません。

バランスをうまく保ちながら、ツンデレしましょう。

ツンとデレを使い分ける場面が大事!

ツンデレというのは恋愛テクニックの一つ。使い方を間違っていると逆効果になってしまうこともあります。

男性が萌えるツンデレを抑えておき、ツンツンする場面とデレる場面をしっかりと使い分けることが大事。

相手の性格なども抑えておくといいかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)