エロいと思う仕草

セクシーさは恋愛の武器になりますが、あからさまなセクシーアピールは男性がドン引きしてしまいます。

そこで、意外性があって、さりげなくエロさを感じさせるテクニックを利用してみると効果的かもしれません。

今回は「意外な部分に感じるエロさ」をテーマに、男性からお話を聞いてみました。

エロいと思う仕草

1:悲しい表情

上目遣いはモテテクとして知られていますが、悲しい表情も男性にエロさを感じさせることがあるようです。

「目が潤んでるような感じの、悲しい表情ってちょっとエロいです。エッチの最中の表情に似ていて、こんな顔するのかなって妄想しちゃう」(Eさん・23歳男性)

潤んだ瞳や眉間に皺が寄っているところなど、エッチの最中に女性が感じている表情に似ていないこともないですね。

特にSっ気の強い男性は、女性の困った表情が好きみたいです。

2:グラスの水滴とり

居酒屋などで飲んでいると、グラスに水滴がついたりしますよね。

あまり気にしない人もいるかもしれませんが、そこにもエロさを感じさせる仕草が存在しています。

「グラスについている水滴を無意識に指先で上下にこする人がいるんですけど、あれはエロい。手で男性の大事な部分をしごいているような仕草に見える」(Kさん・26歳男性)

手がびしゃびしゃに濡れてしまうのもポイントなのだとか。

もし、そういった見方をされるのが嫌ならば、おしぼりで拭き取るのがいいでしょう。

3:口紅の塗り直し

女性の唇というのはセクシーさの象徴。そこにエロさを感じる人も。

「女性が口紅を塗り直す仕草は、なまめかしくて僕は好きです。唇を“んぱ”ってするとき、キスしたくなるんですよ」(Hさん・28歳男性)

どんなにおしゃべりな女性でも、口紅を塗り直すときは静かになるもの。

そんな、おしとやかさがたまらないという意見もありました。

4:髪の毛を結ぶ

髪の毛を結ぶ仕草も男性からするとセクシーに見えるようです。

「髪の長い女性が、食事のときに髪を束ねる仕草にグッときます。伸びをするように腕を後ろに回すから胸が強調されて、脇が見えるのでドキッとする」(Rさん・29歳男性)

ヘアゴムを口にくわえて、髪の毛を束ねるのもポイントが高いのだとか。

しかも、髪の毛を束ねると、うなじがみえるのでよりセクシーに感じるようです。

意外なエロさに男性も思わず興奮

露出を多くして男性にセクシーさをアピールするのはかえって逆効果になってしまうこともあります。

意外なところを狙うと、思わぬエロさにドキッとしましまうもの。

男性を虜にしたいなら小さな積み重ねが大切です。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)