彼に嫌われる行動

気になる彼とどうにか距離を縮めたい。でも、アプローチの仕方によっては逆効果になって、最悪嫌われてしまうかも……。

誰に対しても効く鉄板のアプローチなんてありません。相手の性格や恋愛観に合わせて気持ちを伝えることが大事。

良かれと思ってする親切も、実は彼にとっては迷惑行為なのかも……!?

そこで今回は、男性の12星座別に「ヘタしたら彼に嫌われてしまうかもしれないキケン行動」をまとめました。

彼に嫌われる行動

おひつじ座の彼(3月21日~4月19日生まれ)遠回しなセリフはNG

男っぽい性格のおひつじ座男性は、チマチマしたやりとりが苦手です。女性の繊細な思考を汲むのが苦手で、どちらかというと恋に鈍感なタイプ。

そのため、察しの良い男性ならわかってくれる遠回しの愛情表現も、おひつじ座男性には伝わらないはず。

「どうしてわかってくれないの?」と文句を言ったところで彼は首を傾げるばかり。「面倒くさいオンナ」と思われるかもしれません。

おひつじ座男性には、とにかくわかりやすいアプローチが一番です。

おうし座の彼(4月20日~5月20日生まれ)趣味に深く突っ込まない

おうし座男性に嫌われる行動

自分の好きなものや趣味に共感してくれる女性は、男性にとって親しみやすく、恋愛対象になることが多いかもしれません。

でも、おうし座の場合はちょっと注意が必要。あまり深くツッコミすぎると逆に嫌われてしまうかも。

おうし座男性は自分が好きなものに特別なこだわりを持つので、意見したり批判したりされれば、ブチ切れてしまうでしょう。

普段は温厚で怒りそうにもないと見えても、そういうタイプだからこそ激怒すると取り返しのつかないことに。

良かれと思って趣味を語り合おうとしたら大ゲンカに……という展開は珍しくないのかも。

余計な意見やツッコミはせず、あくまで「教えてほしい」スタンスでいくのが正解。

ふたご座の彼(5月21日~6月21日生まれ)“重さ”を感じさせない

フットワークが軽く男女関係もライトなふたご座男性は、とにかく重い女性が苦手。本命彼女であっても、ほど良い距離を置いて付き合いたいと考えます。

誕生日でもないのに高額プレゼントを贈ってきたり、仕事終わりに待ち伏せをしたりするタイプにはドン引きしてしまいます。

どんなに顔が好みでも、「付き合ったら束縛される」と危機感を抱いて、接点を持たないようにするでしょう。

そんなふたご座の彼は、仕事や趣味など、恋愛以外に夢中になれるものがあり、サッパリした付き合いができそうな女性にグッとくるはずです。

かに座の彼(6月22日~7月22日生まれ)軽いのは苦手

付き合うなら結婚まで視野に入れるかに座男性。恋愛はいつも真剣で、相手も同じ気持ちであってほしいと願っているでしょう。

「重くならないように」と良かれと思ってフランクに振る舞っても、彼には「真面目に付き合うつもりなの? それとも遊び?」と不安を与えるだけ。

かに座男性に対しては、野暮ったいほど本気度を丸出しにすると良いかもしれません。

しし座の彼(7月23日~8月22日生まれ)駆け引きにウンザリ

しし座男性は、ストレートな愛情表現が好きです。態度で察してほしいとか、回りくどい言葉での告白などは、いまいちピンと来ないでしょう。

そのため、やたらと駆け引きをすると、しし座男性は「何がしたいの? 面倒くさい」とウンザリしてしまう可能性が。

オシャレで気の利いた言い回しよりは、飾らずわかりやすい愛の言葉が刺さるはずです。

おとめ座の彼(8月23日~9月22日生まれ)色気にドン引き

おとめ座男性に嫌われる行動

おとめ座男性は折り目正しく、潔癖なところもあるタイプ。ボディタッチやセクシーアピールを「下品」と感じやすく、自分を安売りするアプローチと受け止めるでしょう。

しかも、そんな本音は口には出さず、表面的には当たり障りなく振る舞うので、彼が嫌がっていると気づけないことが多いかも。

アプローチとしては遠慮がちでソフト、でも礼儀正しく好感を与える言動が良さそうです。

てんびん座の彼(9月23日~10月23日生まれ)「ありのまま」は不要!

男性には「完璧にメイクした顔より、すっぴんのほうが好き」という人が多いですが、てんびん座に限っては完璧メイクのほうが好きかもしれません。

洗練されたセンスを持つてんびん座男性は、オシャレな女性が大好き。

お泊りデートであっても、すっぴん風メイクで肌の粗を隠すなどして、自分をキレイに見せる努力が必要です。

「ありのままの私を見てほしい」と本当に飾らない姿を見せるのは、アプローチとしては逆効果。ガッカリされてしまうでしょう。

さそり座の彼(10月24日~11月21日生まれ)気遣いは逆効果

ストイックなさそり座は、仕事でも趣味でものめり込むと寝食を忘れて没頭するタイプ。

彼を気遣うつもりであっても、「休んだほうがいい」「もう少し適当にしてもいいんじゃない?」と言えば、彼に悪印象を与えるはず。自分がやりたいことをジャマする人として敬遠されてしまうでしょう。

さそり座男性が何かに熱中している時は、そっとしておくのが一番。

寝不足などを心配するにしても、やりたいことへの情熱を削ぐようなことは言わないようにしましょう。

いて座の彼(11月22日~12月21日生まれ)ガード硬すぎに萎える

いて座男性に嫌われる行動

いて座男性の恋はスピーディ。「いいな」と思ったら自分から行動を起こしますし、意気投合すればその日のうちにホテルに行くのも構わないタイプ。

そのため、マジメさをアピールするつもりだとしても、簡単には体の関係を持たないと言ったり、あまりにカマトトぶったりすると、気持ちが萎えてしまうはず。

「付き合っても楽しくなさそう」と、対象外に見始めるかもしれません。

やぎ座の彼(12月22日~1月19日生まれ)小手先のテクに騙されない

真面目なやぎ座の男性は、女性を外見だけでは判断しません。人間性を重視するので、人として好感が持てなければ恋愛対象にも見ないでしょう。

そんなやぎ座男性に、モテファッションで『ぶりっこ』に振る舞うという小手先のアプローチをしても、すぐに見抜いてしまいます。

「中身がない人」として興味を持つことはないでしょう。同性との付き合い方や仕事ぶりまで見て、厳しく見極めるはず。

そんな彼を振り向かせたいなら、小手先のモテテクに頼らず、日々の行いをきちんと丁寧にこなすことが大事。

みずがめ座の彼(1月20日~2月18日生まれ)押しすぎに注意!

みずがめ座男性に嫌われる行動

自由で個性的なみずがめ座男性は、必ずしも恋愛が最優先事項ではありません。本命彼女であっても「私と仕事、どっちが大事?」などと聞くような女性は苦手。

そのため、一日に何度もLINEを送られると、「ウザい」と敬遠しがちになるでしょう。

しかも大して内容がないメッセージばかりだと、恋愛対象に見られないどころか、LINEをいきなりブロックされる可能性も!

そんなみずがめ座の彼とは、仕事関連や趣味など共通のつながりを持ってじわじわ距離を詰めるのがいいでしょう。

うお座の男性(2月19日~3月20日生まれ)小悪魔風は要注意

うお座の男性はやさしく、大抵のことは「いいよ、いいよ」と大らかに受け止めてくれるはず。

でも、あまりに自分勝手だと受け止めきれなくなり、急に距離を置き始めます。

ちょっとした駆け引きやワガママだったり、相手を振り回したりするような小悪魔風アプローチは、他の男性には有効でもうお座の彼には嫌われやすいかもしれません。

いら立ちがわかりやすく言動に現れるうお座もいますが、心の中で静かに怒りの火を燃やす人も多いでしょう。

「この人とは仲良くできない」と判断して一方的に壁を作り、関わりを断とうとするのです。

地雷を踏んで嫌われないように

男性の性格や恋愛観によって、惹かれるポイントや地雷ポイントはさまざま。

ストレートなアプローチが功を奏する男性もいれば、逆効果になる相手もいるでしょう。

彼の性格をよーく見極めて、距離を縮めてくださいね!

(愛カツ編集部)

(沙木貴咲/占い師)