あざとい女子

「あざとい女性は男性にモテる」などとよく言われますが、必ずしもそうであるとは限りません。

男性からしても、ドキッとするあざとさもあれば、嫌悪感を抱いてしまうケースもあるので、その違いは理解しておくべきでしょう。

そこで今回は、「好かれるあざとさ」と「嫌われるあざとさ」の違いを紹介します。

あざとい女子

「男なら誰でもいい感」がある

周りの男性みんなにあざとい振る舞いをしている女性は、ただの男好きな軽い女にしか見えません。

いくら自分にすり寄ってくるような行動を取られても、他の男性にも同じようなことをしているのであれば嫌悪感を抱くだけ。

気になる男性がいるのであれば、その男性に対してだけあざとさを見せることが大事です。

特別感のないあざとさには男性も心を揺さぶられないですし、「男なら誰でもいいんだな」としか思われても仕方ありません。

「キャラ変」をしすぎる

「あざとい一面」というのは、ある意味キャラのようなものであるというのは、男性もなんとなくはわかっています。

それでもドキッとさせられたり、キュンとなったりしたら、結局は心をつかまれてしまうものなのです。

ただ、あまりにもキャラが変わりすぎて、別人のようになって甘えてきたり媚びてきたりしたら、さすがに男性も引いてしまうはず。

また、相手の地位や肩書であからさまに態度や人格が変わったりすると、本性そのものがあざとい感じがするので、男性からは嫌われてしまうでしょう。

「ピンポイント」で甘える

女性から甘えられるのは、男性だって悪い気はしないもの。

でも、いつも甘えられたり、必要以上に甘えられたりすると、次第に面倒で重い女性に感じるようになっていくのです。

困ったときにだけ甘えるとか、普段はそんなことはないのに2人きりになったら甘えるといったあざとさであれば、そのギャップに男性も心をつかまれるはず。

いつでも常にあざとさが漂う女性はあまり信用もされなくなるので、オンとオフのバランスも上手に保つことが重要なポイントですよ。

「やめ時」がわかっている

あざといアピールが長くなってくると、だんだん嘘くささが出てきたりする危険性もあります。

それでは効果が薄れるどころか、逆効果になってしまうことだって大いにあり得るでしょう。

例えば、男性を褒めたり立てたりするときにも、長々とやり続けるとただヨイショをしているだけにしか見えなくなるもの。

ちゃんとやめ時も意識して、パッとあざとさを見せた方がインパクトも強いので、男性の印象にも残りやすいですよ。

おわりに

「あざとさ」は、やりすぎてしまうことが最もダメなこと。

たまにちょっと見えるあざとさに男性は弱いのであって、常にあざとさ全開の女性は怖くて警戒されることになるだけですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)