彼からの愛のサイン

愛情表現の豊かなタイプではない彼だと、愛されているかちょっと不安になることもでしょう。

しかし、気持ちは必ず行動に現れます!そこで今回は、彼が愛を示している瞬間をご紹介します。

甘い言葉が恥ずかしくて言えない、スキンシップがちょっと苦手、という男子も、愛しているのならコレはできるはずです。

彼からの愛のサイン

シェアしてくれる

「料理、飲み物のシェアは普通にする。彼女に良いことがあればこっちもテンション上がるし。大好きじゃないと“なんでもシェア”は難しい。逆に大好きだからこそシェアしたい」(30代/男性)

シェアできるのは大好きな彼女だからこそ。物や感情のシェアって一体感がありますよね。

彼が積極的に何かとシェアしてくれるのは、彼なりの愛情表現なのかもしれません。

彼女の不満を解消しようとする

「彼女の嫌がる部分、不満な部分はなるべく直そうとは思う。『なんでLINEの返信いつも遅いの?』って怒られたらなるべく早めに返信するようにするし、『会う時間少ない』と寂しがられたらできる限り時間は作るし」(20代/男性)

不満を言われた際「うるさいな……。」と流すのではなく、なるべく彼女の不満が解消できるように妥協したり、改善したり。

これも、愛しているからこそできることの一つだったりします。

気遣う言動が多い

「体調はこまめに気遣うかもしれない。LINEで体調を伺ったり、あまりにも具合が悪そうなら受診をすすめたり、何かあれば差し入れを持って家に行ったり」(30代/男性)

「お大事に」の一言だけではなく、「大丈夫? 熱は?」「ご飯食べてる? 動ける?」などなど、親身になって心配するのも、彼女が彼の中で大事な存在だからこそ。

甘い言葉だけが愛情表現ではないですからね。

彼女の好きなモノに敏感になる

「彼女の好きなモノに敏感になる。UFOキャッチャーに彼女の好きなキャラクターのグッズがあって『今度サプライズであげようかな』って、頑張って取ったことがある」(30代/男性)

喜ばせたい気持ちがあると、やっぱり彼女の“好き”に敏感になりますよ。彼が何かとあなたの好きなものをプレゼントしてくれるのは、好きで好きでしょうがないんでしょう。

会いたいと言われたら夜でも行く

「夜10時くらいに『会いたい!』ってグズられて車で1時間くらいかけて彼女の家まで行ったことがある。本当に好きじゃなきゃこれはできない」(30代/男性)

愛してもない子に夜遅く「会いたい」と言われても、何か弱みを握られているとか、利害関係などがない限り飛んでいくことはありません。

二人の家の距離にもよりますが、もしどうしても夜会いたい時に彼が来てくれるのなら、だいぶ愛されている証拠。(頻繁に呼ぶのは彼がかわいそうなのでやめてあげてね♡)

言葉よりも行動!

愛情の表現の仕方は人それぞれです。

むしろ、言葉ばかりでなくしっかり行動で示してくれる彼氏の方が、本当に彼女を愛しているのが伝わって、誠実ですよね。

愛されているか不安なら、言葉じゃなく行動を見ましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)