夏は避けてほしいイチャイチャ

気温も湿度も高い夏。寒い冬のときと同じように彼氏にくっついていったら、「もう、暑苦しいからやめて……」と思われているかもしれません。

ただでさえ暑くて肌がベタベタする中、彼女からイチャイチャこられるのは勘弁してほしい、と悲痛な思いを抱いている男性も。

今回は、男女の体験談を交えて、夏にはやめてほしい彼女のイチャイチャ行動を3つご紹介します。

夏は避けてほしいイチャイチャ

汗をかいているのに背中に手を回したがる

「街を歩いているときに彼女が背中に手を回してきたがるんですけど、正直夏は勘弁してほしいです。

汗をかいてるから、手を回してこられるとTシャツがペッタリはりついて気持ち悪いんですよね……。

でも、当然彼女に言えるはずもなく。俺が機嫌悪くなっていってること、いい加減気づいてほしい」(28歳男性/公務員)

暑い夏は外を歩くだけでも背中が汗でびっしょりになることも。汗をかいているときに背中に手を回してこられると、Tシャツが張り付いてしまって気持ち悪いですよね。

夏は、せめて冷房が効いているデパートの中や部屋の中を選んで背中に手をまわすようにしたほうがよいかもしれません。

頭の臭いを嗅いでくる

「家で座ってTV見てるときに、彼女が頭の臭いをクンクンって嗅いでくるのが地味にストレス。「俺、臭いのかな?」って心配になる。

毎日お風呂でシャンプーしてるけど、夏はどうしても汗もかくし熱もこもる。男だって、頭の臭いには敏感なんですよ」(26歳男性/営業)

彼女としては何気なく彼氏の頭を嗅いでいるようでも、彼氏からすると「汗の臭いひどいかな?」と心配になるもの。

頭の臭いは嗅がないようにしたり、嗅いだあとで「シャンプーいい匂いだね」とフォローを入れたりするようにしましょう。

腕を組んでくる

腕を組んでくるカップル

「夏に彼氏と海に行ったときに、浜辺を歩きながら腕を組んだら、すごく嫌がられました。

腕と腕が直接当たってベタベタするのと、腕の毛が濃いのを気にしてたみたいで。

手をつなぐくらいにしてくれって言われて、しょんぼり」(24歳女性/歯科衛生士)

寒い冬に腕を組むと喜ばれるかもしれませんが、夏にお互い素肌が出た状態で腕に巻き付くと暑苦しいようです。

夏は、指をそっとからめたり、シャツの裾を引っ張るくらいの軽いスキンシップの方がおすすめ。

夏と冬でイチャイチャ行動が変わるのも、恋愛のスパイスになるかもしれません。

暑い夏はサラッとしたスキンシップで

カップルとはいえ、ただでさえ暑い夏には、彼女からイチャイチャされ過ぎると辛いという男性もいるようです。

背中に手を回したり、腕を組んだり、ぴったりくっつくようなスキンシップは冬にまわして、夏はサラッとしたスキンシップで過ごしたいですね。

(愛カツ編集部)