彼に胸キュンしたセリフ

男性に言われたい理想のセリフってありますよね。

Sっぽい俺様なセリフもドキドキしますが、思わず「かわいい!」と言いたくなるようなセリフも捨てがたいもの。

そこで今回は、母性本能をくすぐられてしまう男性のかわいいセリフと、そのセリフを引き出すためのテクニックを紹介します。

みなさんも彼に試してみては!?

彼に胸キュンしたセリフ

「寂しい」

「出張でしばらく会えないと伝えたときに、ぼそっと『寂しいな……。』と言われてキュンとした」(32歳 / 秘書)

「普段はそんなことを言わないのに、1か月会えなかったら『寂しかった』と不意に言われて、涙ぐんでしまいました」(31歳 / イベント会社)

「寂しい」と言われたからと言って、あなたが仕事をセーブしたり、無理をして会いに行ったりしていると、彼は自分の言葉がそうさせたと思ってしまいます。

「寂しい」すら言えなくなってしまうもの。

こんな時は、「私も寂しい」「そんなふうに言ってくれてうれしい」と彼の気持ちを受け止めるだけで十分。

彼が気持ちを言いやすいように、過剰反応しないことが大切です。

ストレートに「好き」

「普段はあまり、好きとか言わない彼が、照れに照れてつぶやくように言った『好き』がかわいい」(31歳 / 服飾関係)

「『好き?』と聞いても『うん』としか言わない彼が、たまに『好き』と言ってくれるのがかわいい!思い切って言った感じにキュン!」(29歳 / 医療事務)

「好き」なんて軽々口にしない! と決めている男性も多いので、たまに言われたときにはうれしさも倍増ですよね。

このセリフを引き出すには、言ってくれた瞬間の対応が大切になります。

「もう1回言って!」としつこくしたり、「なになに~」なんて、からかったりするのはNG。二度と言ってくれなくなります。

素直によろこび、「うれしい」と笑顔で伝えるまでにとどめておきましょう。

「美味しそう!」

「私が作ったご飯を『美味しそう!』と言ってニコニコしている姿を見て、無邪気だなとうれしくなりました」(35歳 / 公務員)

「食事に行って『うわー腹減った!うまそう!』と食べ始めたときに、かわいいな~と思いました」(30歳 / 美容師)

たくさん食べる男性が好きという人も多いですよね。

ご飯を前にしてワクワクしていたり、わかりやすく喜んでいたりすると、彼の子どもっぽい一面が見えてかわいいもの。

ちなみに、男性が「美味しそう!」となる料理は、「食べ慣れているもの」「味の想像がしやすいもの」です。

インスタ映えは封印して、彼の好きなものを用意してあげましょう。

エッチのときに「気持ちいい?」

「普段はSな彼が、ちょっと不安そうに聞いてきたときにキュンとしちゃいました。私のS心にも火がついたかも」(36歳 / 調理師)

「聞き方はぶっきらぼうでしたが、終わったあとに『気持ちよかった?』と聞かれ、『うん、とっても』と言ったら『そっか』とちょっと嬉しそうでした」(32歳 / 不動産会社)

「気持ちいい?」と聞かれると、ちゃんと女性側のことも思いやってくれていると、嬉しくなりますよね。

しかも、それがちょっと自信なさそうだったりすると、キュンとしてしまいます。

彼がこう聞いてきたら、からかったりせずに、優しく「気持ちいいよ」と返してあげましょう。

「言わせないで……。」と照れてみるのも◎。彼もキュンとしてくれるはずです。

おわりに

男性は「カッコよく」ありたいので、「かわいい」と言われると、照れてしまったり、拗ねてしまったりすることがあります。

女性からすると「もっと言って!」という気持ちになりますが、からかったりしつこくしたりせずに、ふんわりと対応するのが正解。

かわいい言葉をこちらから引き出していきましょう。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)