彼に結婚を意識させる方法

今の彼と結婚したいのに、いつまでもプロポーズしてくれない……。

焦る気持ちはあるものの、彼にストレートにその思いをぶつけても、なんだか煮え切らないケースもありますよね。

今回は、結婚に踏み切った既婚男性の声を交えつつ、彼に結婚を意識させる3つ最終手段をレクチャーします!

彼に結婚を意識させる方法

1、外堀から埋めていこう

「気づけば彼女と両親がすごく仲良くなってて、結婚後もこれなら大丈夫かなって」(30代・デザイナー)

「親友に、あんないい子はいないと言われて、ホントそうだよなって思って」(20代・教師)

ズバリ、彼の友人、同僚、ご家族と仲良くなりましょう。特にご家族と仲良くなれば、あなたが結婚したいと思っていることを応援してくれるかも。

特に彼の家族が味方になってくれれば心強いし、家族や周りから結婚の応援をされれば彼も意識せずにはいられないはず。

また、結婚前に彼の家族と仲良くなれると、家族の中での彼の一面も知ることができますし、家族づきあいなど結婚してからのイメージがお互いしやすいというメリットもありますよ。

そもそも友人や家族などに一切会わせてくれない……。という彼なら、結婚はちょっと考え直して。

2、彼が結婚に踏み切れない理由を徹底的に聞く!

「付き合って長いし、そろそろかなーくらいにしか思ってなかったけど、話してくうちに踏み切れない理由がないことに気づいて結婚した」(30代・アパレル)

「仕事で目指してるポストに就いたら、と自分の中で決めたタイミングがあったので、思いきって彼女に伝えたら『楽しみに待ってる』って。結婚するならこの人しかいないって思った」(30代・会社員)

彼が結婚に踏み切れない理由を質問してみましょう。この時、絶対にあなたの意見は言わないよう、相手の立場に立って傾聴するのがポイント。

転職が決まって安定したら、仕事で昇進したタイミング、貯金が貯まってからなど、結婚に踏み切る彼なりのタイミングがあるのかもしれません。

男性の中では、仕事が結構なウェイトを占めていることが多いです。

具体的にいつと明確な期限が出てこなくてもイライラせず聞きましょう。

彼に「結婚の意思がある」というのを口に出させて認識してもらい、お互いに結婚したいと思っている共通認識を得ましょう。

3、結婚後の姿をイメージさせる!

「彼女が子供と遊んでる姿を見て、家族になるイメージをハッキリできたから」(20代・SE)

「おかえり!と笑顔で言われた時に帰ってきて毎日いてくれたら幸せだなと思っちゃって」(30代・会社員)

甥っ子や姪っ子、同僚のお子さんと遊んでいる姿を見せたり、料理をしている姿を見せたりして、結婚後の奥さんのイメージを引き出しましょう。

「家庭」を連想させると、結婚に対して彼も意識してくれるはず。風邪をひいた時に看病したり、グチを聞いたり、身の回りの世話をしたり。

彼にとって居心地のよい存在になれば、あなたを手放したくなくなり結婚を意識しやすいでしょう。

ただ、注意するべきは、尽くしすぎると結婚後に大変なので加減を間違えないように。

仕事で会えない日や友人と過ごす時間をとって、彼にも一人で考える時間を与えつつ、あなたの時間も確保できるようにしておくようにするのがコツです。

見極めが肝心!本気なら、きっとその気になるはず…

正直、この3つの手段をしても結婚に踏み切れない男性なら、思い切って別の男性にいってしまってもよいかも。

あなたがそばにいるのが当たり前と思って、甘えている可能性があります。彼の温度感の見極めも大事ですよ。

煮え切らない人と人生共に歩んでいくのは不安ですし、女性にはどうしてもいろいろなタイムリミットがついて回ります。

共に歩める人と過ごしていくためには、女性から動くことも必要。

幸せな未来を手に入れるためにぜひ試してみてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)