ワンナイトラブのコツ

一目惚れした彼と勢いでワンナイトラブ……。のはずが、本当に好きになってしまったこともあるのでは?

相手は遊び相手として満足したかもしれないけれど、せっかくの出会いは大切にしたいですよね。

そこで今回は、一夜を共にした彼と、今後も関係を続けるためにすべきことを3つお伝えします。

ワンナイトラブのコツ

1、「私のこと好き?」はNG

まずは、勢いで体を許した当日の注意点から。

勢いだけの関係において、「私のこと好き?」と聞くのはNGです。

行為の途中で愛情を確認すると、男性は重たいと感じて、心身ともに萎えてしまう可能性があります。

また、あなたから「好き」と告げるのもNG。その気持ちを利用して、都合のいい女として扱われる危険性があります。

一目惚れした彼とひとつになれて嬉しい気持ちはわかりますが、今後のためにグッとこらえて!

せっかく二人きりになれたので、むしろエッチを楽しむことに注力するのも手です。

ちょっと大げさに演技をするくらいでもOK。「こんなに感じてくれるなんて」と、忘れられない女になるべく、彼に印象づけましょう。

2、連絡はシンプルに

再会するには、連絡をしないとはじまりませんよね。

誘うときは「シンプル」を心がけて!「お疲れ様!◯日って空いてる?また会いたいな〜」くらいの軽いノリでいきましょう。

伝えたいことがたくさんあるのはわかりますが、まずは、また会う約束を取りつけることが先決。

詰め込みすぎると重い女だと思われて、距離をおかれてしまいます。

逆に、男性から連絡が来た場合は、嬉しくて即レスしたくなると思いますが、ぐっとこらえて冷静になりましょう。

「またホテルに行こう」もしくは、「家においで」、夜中にしか会えないなどの条件つきの誘いは単なるセフレです。

返信が続いたときは、言葉づかいや会話のテンポに注意しながら、丁寧な言葉遣いと軽快なメッセージで、また会いたいなと思わせましょう。

3、めんどくさい女にならない

最後に、大事なのは「距離を保つ」こと。

男性だって、セックスできれば誰でもいいという訳ではありません。欲望に負けて勢いで行為に及んでいるのは事実。

ただ、そういった男性は面倒なことを嫌う傾向にあります。

もし、SNSでつながって何度もやり取りする仲になっても、決してしつこく連絡してはいけません。

ネガティブなメッセージを送ったり、彼女になりたいと迫ったり、彼女ヅラもNGです。

追うと逃げたくなるのが男性の心理、適度に距離を保ちつつ向こうに「あれ連絡こないな?」「なんかそっけない?」くらいの寂しい思いをさせるくらいでちょうどいいのです。

控えめに徹しましょう。そうすれば、自然と彼はあなたのことを追いかけたくなるはず!

ワンナイトからでも関係を発展させることはできる

一目惚れから、ワンナイトで終わるか、セフレになるか、恋人になるかはあなた次第。

駆け引きが苦手な人は、まずは重い女にならないように注意すること。彼を本気で好きなら時間がかかることにイライラせず、ゆっくりと距離を縮めていきましょう。

この時間に本当に彼のことが好きなのか、自分の気持ちも整理してみて下さいね。恋の始まりの形は人それぞれです!

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)