共感で距離を縮める

好きな彼との距離を縮めたいけど、どうしていいかわからない……。

恋する女性なら、誰だって好きな彼ともっと距離を縮めたいと思いますよね。

実は高度なテクニックは不要で、普段の会話から彼との距離を縮めることができるんです。

ポイントさえ押さえれば大丈夫!今回は、彼をキュンとさせる共感の方法をご紹介します。

共感で距離を縮める

1、彼との心の距離を縮められる「共感」

彼との会話で心の距離をぐっと縮めるためのポイントは「共感」です!

趣味が似ている、出身地が同じ、好みが似ているなど、他にもいろいろありますが、こんな共通点が多い人とは、初対面でも話が弾み、親近感を感じますよね。

元々持っている条件が同じであれば簡単に距離を縮める事ができますが、「共感」は感情的なものでもOK。

映画やテレビ、マンガ、興味があること、など日常にあふれていることを積極的に話題に出して、共通項を探ってみましょう。

2、彼の愚痴は距離を縮めるチャンス!

愚痴というのはある程度心を許した相手にしか言わないものです。なので、彼から愚痴を聞かされたというのは彼があなたに心を許している証です。

そんな時に適当に話を聞いてしまったり、とりあえず励まして終わったりしてはもったいないことですよね。

そんな時にはまず「わかる!」と彼の気持ちを認めてあげましょう。そして「私も~」と彼の気持ちと自分の気持ちが一緒であると共感してあげることで、彼も自分の話を真剣に聞いてくれると感じます。

何より自分の気持ちを分かってくれているんだなと親近感がわきます。

男性はプライドが高いものです。愚痴という自分の弱い部分を女性に見せて本当に良かったのかという不安を持ちつつ話しています。

共感で話を弾ませ最後に、「今日は○○君の愚痴が聞けて嬉しかった」と伝えましょう。

彼は自分の弱みをポジティブに優しく受け止めてくれたことにキュンとするはずです。

3、とりあえず共感はNG!

会話の中で「共感」は心の距離を縮めるのに有効と言いましたが、適当にとりあえず「共感」しておけばいいやというのは相手に必ず伝わってしまいます。

何を話しても「わかる!」「わかる!」という相手はなんとなく胡散臭いですよね。

後からこの前言っていたことと違うとバレたら、彼からの信頼を失いかねません。

共感する時は、必ず心の底からそう思っている時だけにしてくださいね。

嘘はNG!距離を縮めるためにの共感を積極的に

会話の中で共感ポイントを意識することで、距離は縮められます。

あなたも会話のなかで上手に共感を使って彼をキュンキュンさせてみてください。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)