あと一歩の恋を失敗してしまう女子の特徴

「最近イイ感じの彼ともう少しで付き合えそう!」という時に、突然相手が離れていってしまったらショックですよね。

実はそんな“あと一歩”の時期は“見極め”の時期でもあります。

ここで詰めが甘く、チャンスを逃しやすい女子の特徴を紹介したいと思います。

あと一歩の恋を失敗してしまう女子の特徴

1.男性や恋人に対する幻想を持ちすぎ

真剣交際まで秒読み、というところで恋を逃してしまう女子は、男性や恋人に対する幻想を持ちすぎているところがあります。

恋人は○○してくれるもの、彼はもう私の男なんだから当然○○するだろう、のように都合良い妄想を抱いてしまうのです。

エスカレートすると、お金を気軽に借りたりなど。

通常なら関係にひびが入りそうなことさえ、「OKかな」という感覚になってしまうこともあります。

距離が近くなたったおきにこそ一歩ひいいて、“自分の彼氏である前に一人の人間”として尊重し、適度な距離を保つのが正解です。

2.勢いだけでアプローチするも戦略がない

戦略がない

そろそろ正式な交際が始まってもいいのに、という時期に男性が離れてしまう女子は、“好き好き攻撃”など、勢いだけのアプローチを続けている可能性があります。

男性を確実にモノにするためには戦略が必要です。

自分と交際するメリットを彼に分からせるためのアプローチを取らなくてはなりません。

たとえば、彼があまり人から理解されないマニアックな趣味を持っていたとします。

私ならその気持ちが分かるし話を合わせられるから、他のどんな女性と付き合うより絶対楽しいよ!とアピールするのが戦略を仕掛けることです。

3.恋愛をファッションのように考えている

イイ感じだった男性にある日突然去られてしまう女子は、恋愛をファッションのように考えている可能性があります。

“港区”とか“丸の内”といったキラキラワードに弱く、彼の好みや都合より、自分がどんな情景に入り込みたいか、がデートの行き先の決め手になりがちです。

そんな女子に対して男性は、「本当はオレじゃなくてもいいんだろうな」と気付いています。

やがて、「こちらも恋愛ごっこでいいかな」と、彼はあなたを都合のいい女扱いするようになってゆきます。

アソビではなく真剣交際に発展する女子はみな、どこかの時点でドラマの世界とは縁を切っています。

ダサくて鈍くさくて人間らしい生身の彼を愛し、「この子しかいない」と思わせましょう。

4.間違った場面で女の武器を使ってしまう

詰めが甘い

友達以上恋人未満、の関係に自ら終止符を打ってしまう女子がやりがちなのが、間違った場面で女の武器を使ってしまうこと、です。

たとえば、自分が原因で彼の機嫌が悪い時に、甘えながらボディータッチをしたり、関係の雲行きが怪しくなってきた頃、一発逆転を狙って色仕掛けをしたり。

実は、冷めかかっている女性が出す“女の武器”に負ける男性はほとんどいません。

先に冷めている男性って、たいてい他の女性が存在するか、乗り換える心の準備ができているからです。

欲を満たすための選択肢は、他にも十分あるというわけです。

関係がこじれそうになったら、誠意を持って対応する以外に選択肢はないと考えましょう。

恋には案外“賢さ”が必要なもの

いかがでしょうか。あと一歩の恋を失敗してしまう女子には、やるべきことに気づけていない、押しが弱い、対応を間違えている……などさまざまな落ち度があるものです。

恋愛は、フィーリング任せで進めるフワフワしたものではなく、一つの“プロジェクト”です。

達成させるためにどうしたらいいか、頭をフルに使いましょう。

最後に幸せになれるのは“賢い女性”なのです。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)