夏デートのドン引き行動

夏はイベントも多く、男性からのお誘いも増える時期です。

しかし、デートでミスをしてしまうと、次のデートはおろか、彼と音信不通になってしまうことが……。

これから楽しい夏がやってくると思っていたのに、ショックが大きすぎますよね。

そこで今回は「夏デートでドン引きした女子」について、男性陣にリサーチしてみました。

夏デートのドン引き行動

1、汗ダラダラなのに拭かない

「めちゃくちゃ汗かいているのに拭かない女子にドン引き。前髪もベタベタ、ニオイも気になるし、正直デートどころじゃなかった」(24歳/営業)

体質なので、汗のかきやすさには個人差があります。でも屋外ならともかく、室内でもそのまま汗びっしょりだと驚くもの。

特に映画デートなど、至近距離ではニオイが気になる場合も……。タオルはもちろん、汗拭きシートやデオドラント系は必須ですよ!

2、露出が多すぎてビックリ!

「待ち合わせで現れた女子が、思いのほか谷間全開でビックリした。俺のほうが周囲の視線を意識しちゃって、デートに集中できませんでした」(29歳/広告)

夜デートやおうちデートであれば、多少の露出も雰囲気に溶け込むもの。しかし昼間の屋外デートでのきわどい露出は、一緒にいる彼が恥ずかしくなってしまうようです。

たとえば谷間を強調したキャミソールを着るのであれば、上に一枚カーディガンを羽織るなど、何かしらの対策を取るべき。

そのほうが脱いだときのギャップもありますし、彼の“目のやり場に困る”を回避できますよ。

3、サンダルが汚い

「メイクも服装もオシャレなんだけれど、よく見たらサンダルがボロボロだった。意外とガサツなのかな?と思いました」(30歳/教育)

サンダルって素足で履くものなので、特に靴ズレなどのトラブルが生じやすいんですよね。

そのためボロボロになっても、つい履きやすいものをヘビロテしてしまう人も多いのでは?

そうすると他がどんなに完璧でも、悪い意味で大ざっぱでズボラな印象に。

夏本番になる前のいまの季節から、自分に合ったサンダル探しをしておきましょう。いざというときに、自分でも納得のいくオシャレができますよ。

おわりに

夏って薄着になるぶん、いつも以上に細部まで見られています。

これからどんどん暑くなるからこそ、いまのうちにファッションや汗対策を研究して、夏本番を迎えたいですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)