付き合いたてのうちにやっておきたいこと

付き合いたてって「彼に嫌われたくない」との思いから、なかなか自分の意志を伝えられなかったりしますよね。

でも後から自分の素を出すほうが、すでにイメージが固定されているので、逆に難しい場合も。

まだお互いをよく知らないいまだからこそ、オープンにさらけ出せることもあるはず!

そこで今回は“付き合いたてのいまのうちに、彼にやっておきたいこと”についてご紹介します。

付き合いたてのうちにやっておきたいこと

1、 ダメな部分を伝えておく

「昔は猫を被って、元カレの前でしおらしい性格を装っていた。でも絶対にボロが出て、『付き合いたてはもっとかわいかったのに』と言われる始末。

だからいまの彼には、すぐに『私、ちょっとガサツなところあるんだよね~』とカミングアウトしました。

そのおかげか、逆に私の部屋がきれいだと『珍しいね!』なんて言われます(笑)」(30歳/一般事務)

交際直後は彼によく思われたいがために、ついかわい子ぶってしまう女性は多いでしょう。

でもどこで素を出したらいいかわからず、気が付いたら常に気を張っている状態に。

そんな我慢を避けるためにも、一番ラブラブな付き合いたての頃に、ダメな部分をカミングアウトしちゃいましょう。

彼も「意外な一面だったけど、そこがまたかわいい!」と思ってくれるかも。

2、 やりたいことを話し合う

「お互いに仕事が忙しいと、結局デートも家ばかりでマンネリして別れがち。

だからあえてデートで行きたいところや、やってみたいことを話しておいて、休日に実行するようにしています」(27歳/IT)

話し合うと言っても、会議みたいに深く掘り下げる必要はありません。

一緒に食事をしているときなどに、さりげなく「私、彼氏と○○に行くのが夢だったんだよね!」と伝えてみるとか。

ほかにも「一緒にお菓子作りがしたい」「ペアリングが欲しい」など、何でもOK。

彼も彼女の要望がわかりやすいほうが、デートプランも立てやすいもの。何かと助かると思いますよ。

3 エッチは女性側が主導権を握る

「私は生理の関係でピルを飲んでいるのですが、それを彼に言ったら絶対に生でやりたがると思って。

なので1回も言ったことはないですね」(29歳/広告)

主導権を握るといっても、自分から積極的に動けというわけではありません。

たとえば“ゴムは絶対につける”など、当たり前なことはもちろん、してほしいことやしたくないことは、3回目くらいまでのエッチで言ったほうが良いです。

そうじゃないとたとえばですが、「いままでバックOKだったのに、何で急に嫌がるんだろう」「もしかしてずっと嫌々やっていたのかな?」など、彼を不安にさせてしまいます。

それに最初から何でもやってあげるのではなく、徐々に彼のおねだりを聞いてあげるって方法もありますからね。

何でも無理しすぎる必要はありませんよ。

おわりに

等身大の自分と向き合ってもらうためにも、何事も見栄を張らないことが大切。

そうすることで長いお付き合いが期待できるでしょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)