何となくエロいと思ってしまう彼女の部屋

男性はちょっとしたことで、エロい妄想をしがち。

特に彼女の部屋なんて、まさにエロの宝庫。

「キレイにしているね~」なんて言いつつ、内心エッチなことばかり考えているかも……?

そこで今回は「何となくエロいな」と彼氏が思ってしまう彼女の部屋について、男性陣にリサーチしてみました。

何となくエロいと思ってしまう彼女の部屋

1、 全体的に女性らしい

「カーテンやカーペット、布団がピンク。さらにぬいぐるみもあって、全体的に女性らしかった。『意外と女子じゃん!』と思ったら、急にムラムラしてしまった」(27歳/印刷)

自分とは無縁なかわいらしい部屋は、男性がドキッとするひとつの要因に。

「こんな女子っぽい部屋で毎日生活しているんだな」と、色々想像してしまいます。

そうするとエロい感情がわいてきて、つい彼女の部屋でイチャイチャしたくなるようです。

2、自分の写真が飾ってある

「彼女の部屋に、俺とのツーショットが飾ってあったとき。しかも彼女は俺に見られて、ちょっと恥ずかしそうで余計にキュン!

柄にもなく、『普段から俺の写真見て何しているの?(笑)』と、ついSなことを言っちゃいました」(33歳/営業)

日頃から自分の写真を飾っていると知ったら、彼も「おっ」と思うもの。「毎日この写真を見て、何を思っているんだろう……」など、よからぬことを考えてしまいます。

しかも家に帰っても、「今頃彼女は俺との写真見ているのかな?」と、その妄想は持続されるみたいですよ。これはすごいパワーですよね。

3、 若干の生活感がある

「俺は生活感ゼロよりも、住んでいるのがわかる部屋のほうが好きですね。

たとえばソファーが若干くたびれているとか、机の上に無造作に物が置かれているとか。

そのほうがリアリティーがあってエロさを感じる(笑)」(30歳/IT)

彼女の日頃の痕跡がわかるような、若干生活感がある部屋のほうが萌えるとの声も。空間から彼女の存在を感じて、ドキドキするのでしょう。

とはいってもあまりにも汚部屋だと、彼もゲンナリするので要注意。

整理整頓はするなど、最低限の清潔感は保ちましょうね。

4、 彼女のニオイがする

「部屋から一気に彼女の甘いニオイがしてきたとき。なんか彼女を抱きしめているような、不思議な感覚になりました」(26歳/通信)

視覚だけじゃなく、嗅覚からも感情って生まれるもの。

自分のニオイってなかなかわからないですが、意外と部屋には充満しています。

無理に芳香剤などを使うのではなく、掃除をして軽く換気をしておけば、自分らしい香りになるでしょう。

おわりに

「え? そんなことからエロいこと考えているの?」と不思議に思うものもあったはず。

でも彼をムラムラさせることができれば、お部屋で甘いひとときが過ごせるかも。

ぜひこれらを計算しつつ、彼をおもてなしできると良いですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)