好きな人との電話で使える話題

好きな人ができたら、少しでも相手に近づきたいと感じる人は多いはずです。

そんな近づく手段として有効なのが、LINEやメールを使った連絡ですよね。そして、連絡を取れるようになったら次は、電話で話せるとGOOD。

そこでこの記事では、好きな人と電話したいときに使える口実を紹介。また、電話にこぎ着けられた際に使えるテクニックや話題、彼から発される脈ありサインについてもお伝えします!

好きな人と電話したい!オススメの口実

好きな人と電話したい!オススメの口実

好きな人ができたときには、いつどんなときでも好きな人と関わっていたいと思いますよね。好きな人のことで頭がいっぱいになってしまいます。

連絡が取れるようになったらより欲張りになり、今度は「電話をして声を聞きたい」と思ってしまう人は多いはずです。

好きな人と電話したいと思ってもできない理由で1番大きいのは、かけ始めの口実ではないでしょうか。

「かけ間違えた」を活用する

かけ間違えたと装って電話をして、彼が出てくれたらラッキー。出てくれなかったら、彼からの折り返しまたは「どうした?」の連絡を待ってみましょう。

「間違っちゃったけど、◯◯くんと話したかったからうれしい」と伝えると、より意識してもらえる可能性が高まりますよ。

しかし、「かけ間違えた」は、何度も使うと、彼から「おかしいな」と思われてしまいます。乱用には注意が必要です!

自分の悩みを相談する

好きな人と電話をする口実に、自分の悩み相談を使ってみてはいかがでしょう?

話すテーマが決まっていると、「何話そう」「どうしよう」とお互いに気を遣うことなく、好きな人との電話に集中できます。

また、「女性から頼られるとうれしい」と感じる男性が多いのです。悩みを聞いてほしいと頼ることで、あなたは好きな人と電話できると同時に、男性の自尊心をくすぐれますよ。

ただし、男性の中には長電話が得意ではない人もいるので、悩みをダラダラと話すのではなく、簡潔にまとめることをおすすめします。

相手の悩み相談に乗ってあげる

反対に、好きな人が悩んでいるようだったら、電話で悩み相談に乗ってあげるのもGOOD。

ただし、男性は自分の弱い部分を女性に見せることが苦手な生き物。なので、なかなか悩み相談の雰囲気に持っていくことはむずかしいと言えるでしょう。

あなたが好きな人の立場をよく理解できるようであれば、この方法は大いに活用できます。

悩み相談に乗ってあげつつ解決策を提案し、彼のいいところを褒めて肯定してあげると、「この子は俺のことを分かってくれる」と好きな人からの好感度がグンと高まるでしょう!

LINEだと長くなりそうだから……と言う

文字のやり取りが苦手な男性は多いもの。

「LINEだと長くなりそうだから、電話してもいい?」は、文字が苦手な男性に有効な手段です。

相談したいけど、電話に持ち込みづらいと考えているのであれば、一度試してみてはいかがでしょうか。

好きな人に電話するときに気をつけること

好きな人に電話するときに気をつけること

「好きな人との電話にこぎ着けられた!」と舞い上がる気持ちはわかります。

ですが、彼からの印象を悪くしないために、電話する前に気をつけておくべきことがあるんです。

ここからは、好きな人と電話するときに気をつけることをご紹介します。

相手の生活リズムをリサーチしておく

電話をする前に何度か連絡を取っておき、相手の生活リズムを把握しておいた方がいいでしょう。

なぜなら、好きな人が忙しい時間帯に連絡すると、彼から迷惑だと思われてしまうから。せっかく好きな人と電話できるのだから、嫌な印象は与えたくないですよね。

連絡する中で、それとなく「何時に帰宅するのか」「何時に寝るのか」「1番都合のいい時間帯はいつか」を探っておくことをおすすめします!

事前にLINEをしておく

電話をする日には、「今日電話するのは◯時でいい?」と確認しておくとマル。

急に電話をかけるよりも、相手も心構えしやすくなります。

また、ちゃんと気遣いができる子アピールにも見えるでしょう。事前の確認LINEは好感度アップに繋がりますよ。

毎日の連絡は禁物

いくら好きな人と電話をしたいからといって、毎日連絡するのはNG。

あなたが逆の立場になったとして、少し「いいな」と思う相手だとしても、毎日のように電話がかかってくると面倒くさく感じてしまうはずです。

むしろ、恋愛においては少し連絡を控えてみる方がマル。久しぶりに電話をしたときの話題を溜めておけるうえ、好きな人から「連絡を取りたいな」と思ってもらえるかもしれませんよ。

長電話をしすぎない

長電話のしすぎにも注意!女性はいつまででも長く電話できますが、男性は長電話があまり得意ではない人が多い傾向にあります。

長電話をしすぎると、次回の電話を好きな人から億劫に思われてしまう可能性も。

話したいことがたくさんあるのなら、電話を数回に分けてみるといいかもしれません。

好きな人との電話で使える話題

好きな人との電話で使える話題

好きな人との電話というせっかくのチャンス。楽しい時間を過ごしたいですよね。

そこでおすすめなのは、電話をする前に話題を準備しておくこと。

ここからは、好きな人との電話で盛り上がる可能性の高い話題をご紹介します!

使える話題をいくつかストックしておくと、変に沈黙にならず、彼からも「話していて楽しいな」と思ってもらえるはずです。

近況を報告し合う

好きな人との電話で話題にしやすいのは、近況報告。

近況報告をし合うことで、彼の普段の様子を聞けたり、周りの友だちとの関係性を知れたりします。

お互いのことを知ると、もしかすると思わぬ共通点が見つかるかもしれません!それがきっかけで趣味仲間になるなど、好きな人に近づけるチャンスを掴める可能性がありますよ。

趣味の話

趣味の話も、好きな人との電話における鉄板の話題です。

好きな人のことは何でも知りたくなっちゃいますよね!趣味に関する質問をするのは、彼のことを知れるうってつけの機会となります。

誰でも、自分の趣味のことはたくさん話せるはず。なので、趣味の話題は、男性から話題を引き出しやすいというわけなのです。

また、男性は聞き上手な女性にキュンとくると言われています。自分の話を楽しそうに聞いてくれる女性のことを「いいな」と思いやすいのです。

彼のことを知れる話題なうえ、あなたの聞き上手さをアピールできる趣味の話題はおすすめ。

聞き出したあとは、好きな人の趣味について勉強してみるのもいいでしょう!

共通の知人の話

好きな人とあなたに共通の知人がいるなら、その人を話題にあげさせてもらうのも方法の1つ。

共通の話題が作らずともあるのは、仲良くなるうえでとても有利なことです。

そして、共通の知人も一緒に食事や飲みに誘えるので、2人きりで食事へ行くよりも最初のハードルを低くできるのです!

電話で共通の知人の話で盛り上がった頃合いを見計らって、「じゃあ今度、みんなで飲みに行きません?」と誘ってみてはいかが?

仕事やプライベートの悩み相談

先ほど紹介した口実にもありましたが、仕事やプライベートの悩みを相談するのは、電話の中で大きな話題になります。

恋愛の話

少しハードルは高いですが、好きな人に恋愛話を振ってみるのもGOOD。

恋愛話をすることで、恋愛のスイッチを押せるかもしれません。

また、好きな人のタイプや恋愛傾向など、今後のアプローチ方法を考えるうえで参考になる話が聞き出せるでしょう。

電話で彼の恋愛話を聞いたあとは、デートまでに好きなタイプに近づけるように自分磨きをするなど、彼の好きな女性になれるような努力をすることをおすすめします。

食事や飲みの誘い

食事や飲みの誘いをするために電話をするのもいいでしょう。

最近はLINEで食事に誘う人が増えているところですが、あえて「直接言いたいことがある」と伝えておき、食事に誘ってみてはいかが?

好きな人と電話するときに使えるテクニック

好きな人と電話するときに使えるテクニック

好きな人と電話できることになったなら、ほんのちょっとテクニックを使って、彼をドキッとさせてみてはいかがでしょう?

ここからは、好きな人と電話をするときに使えるテクニックをご紹介します!

「声が聞きたくなっちゃった」と伝える

「◯◯君の声が聞きたくなっちゃった」というセリフは、好きな人をキュンとさせること間違いなし!

多くの男性が「好意を寄せられて嫌な気はしない」と言っているのです。だからこそ、好意はほんのり匂わせておくのがマル。

「この子、俺に気があるのかな?」と気づかせられるセリフを、電話ごしに照れた雰囲気を醸し出しながら伝えるのがGOOD。「声が聞きたくなって」と伝えてドキっとさせることで、好きな人にあなたの存在を意識させてみてはどうでしょうか。

彼のことを褒める

会話の中で好きな人の趣味や仕事のことを聞き出して、彼のことを褒めてあげましょう。きっと喜んでくれますよ。

ただし、薄っぺらい褒め方はNG。褒めるときに使える有名な「さしすせそ(=さすが・知らなかった・すごい・センスいいね・そうなんだ)」を活用するのもいいですが、あなたなりの視点で彼の話を深掘りして褒めてあげる方が有効です。

彼のことを褒めつつ「あなたのことをもっと教えて」と伝えると、うれしくなってたくさん自分のことを話してくれるはずです。

会話のキャッチボールをする

電話をするときに大切なのは、会話のキャッチボールをすること。一方的に投げつけるドッヂボールになってはいけません。

お互いに自分のことを話し、相手の話を聞き、相手の話に対して質問を投げて深掘りしていく。会話のキャッチボールが上手にできると、好きな彼から「価値観が合う」「話していて楽しい」と思ってもらえるはずです。

また、女性側が少しだけ聞く側に回ってあげることで、聞き上手さのアピールに!彼が楽しく話せる話題で、たくさん質問を投げかけてあげるといいでしょう。

彼と電話できたことへの感謝を伝える

「声が聞きたかったから」でドキっとさせて、会話のキャッチボールで電話を盛り上げる。そして、最後に忘れてはいけないのが、電話ができたことへの感謝の気持ちを伝えることです。

「〇〇君と話せてうれしかった」「時間を作ってくれてありがとう」としっかり言葉にして伝えましょう!

「しっかり感謝を伝えられる素敵な子だな」と思ってもらえるはず。そして、最後まで好印象で終わらせることで、次の電話や食事に繋げやすくなりますよ。

脈あり?好きな人との電話で感じ取れる彼のサイン

脈あり?好きな人との電話で感じ取れる彼のサイン

出来ることなら、好きな人が自分に興味を持っているのかどうか、早めに知りたいですよね。これからアプローチをかけていっていいのか、彼の反応を見てから決めたいと考えているはず。

そんな彼からの脈ありサインですが、電話の中でも感じ取れるのです!

ここからは、電話の中で彼が「この子、いいかも」と思っていることが分かる脈ありサインをご紹介します。

質問をしてきてくれる

男女問わず、好きな人のことは出来るだけ多く知りたいと思うはず。

あなたから好きな人に対してばかりではなく、彼の方からもあなたに対して質問をたくさん投げかけてくれるようであれば、興味を持ってくれていると考えてよいでしょう。

長電話していても迷惑そうじゃない

女性は平気なものですが、男性は比較的に長電話が得意ではありません。なぜなら、電話は用件を簡潔に伝えるものだと考えている男性が多いから。

好きな人の性格をあまり知らないまま、初回の電話から長電話をしすぎることはおすすめできません。

しかし、何度か電話を重ねる中で、長電話をしていても彼の対応が迷惑に感じているようではない場合、好意を抱いている可能性はあると考えられます。

気になる女性との電話であれば、男性も「楽しい」「もっと話していたい」と思うはず。

元々長電話が苦手な彼が、「楽しいからあっという間に時間が過ぎる」と言ってくれたら、あなたへの好意は確実です。

会おうとしてくれる

電話で話すだけではなく「今度、直接会おうよ」と彼から話を振ってくれるなら、脈ありだと考えてOK。

好きな人との電話はもちろん楽しいですが、好きだからこそ、直接会って顔を見て話したいという気持ちがどんどん膨らんできますよね。

彼からの会おうアピールはしっかり拾って、食事や飲みの約束に繋げましょう。

好きな人の方から「会おう」と言ってきてくれるということは、会ったあとに気持ちを伝え合う展開になるかもしれませんね!

好きな人のハートを掴む電話をかけて!

好きな人のハートを掴む電話をかけて!

好きな人と電話をしたいからといって、1人で突っ走ってしまうのはNG。

連絡は常にキャッチボールであることを意識して、好きな人のペースを見極めつつ、頃合いを見計らってテクニックを入れ込んでみてくださいね!

電話は、好きな人との心の距離を縮める大きなチャンス。チャンスを上手に活用して、彼との恋を前へ進めていきましょう。

(愛カツ編集部)