恋愛に欠かせない通信手段であるLINE。彼との絆を確かめるツールのひとつでもあります。

その一方、LINEでうっかり彼を怒らせてしまった、という話も多くなってきているよう。

破局につながりかねないLINEとはどんなものなのでしょうか?男性の干支別に占います。

子(ねずみ)年生まれ…おねだり

経費にうるさい、少々ケチなところがある子(ねずみ)年生まれの男性。

お給料日直前やボーナスの時期に、お金のかかりそうなデート場所のLINEや、アニバーサリーのLINEが来ると、別れたくなることも。彼に対して、あからさまなおねだりLINEをするのは止めましょう。

丑(うし)年生まれ…頻繁LINE

丑(うし)年生まれの男性は、ペースを乱されるのがキライです。

早朝や夜中のLINE、就業中のLINEが頻繁になると、ストレスがたまり別れたいと思います。就業時でないとか休みの日なら、大丈夫です。マメにレスをしてはこないでしょうが……。

寅(とら)年生まれ…飲み会報告

情熱的な恋愛をする寅(とら)年生まれの男性。

「今、会社の同僚と飲んでます!」というような、他の男性がいる飲み会アピールLINEに、「彼氏にこの報告ってどういうつもり?」と彼はキレるかも。飲み会の前に事務的に報告しておきましょう。

卯(うさぎ)年生まれ…ダメ出し

相手を喜ばせようとする気持ちが強い卯(うさぎ)年生まれの男性。

デートの相談LINEで、「ここは前行った」「ダイエット中だから食べられない」といろいろ送られると、テンションダウン。読み直してさらにダウン。ポジティブな言葉を心がけて!

辰(たつ)年生まれ…スタンプのみ

辰(たつ)年生まれの男性は、空気や行間を読むのが苦手です。

意味ありげなスタンプ連投とか、「どう思う……?」とかはお手上げ! 相手の気持ちを推し量ることができず、そのうちめんどくさくなって放り投げてしまいます。わかりやすい言葉を心がけて。

巳(へび)年生まれ…男性の話題

猜疑心の強い巳(へび)年生まれの男性。

心を開いたあなたとのLINEで、彼の男友だちや先輩、あなたの周囲の男性をほめる言葉が出てくると、嫉妬が渦を巻きはじめます。無用な心配(嫉妬)をさせないよう、他の男性の話題は控えましょう。

午(うま)年生まれ…「バカ」

午(うま)年生まれの男性はおおらかな性格なので、LINEのやり取りもくだけた会話になりがちです。

そんな雰囲気をいいことに「バカじゃないの!」を送ってしまったら、逆鱗に触れて別れに発展するかも。「バカ」という言葉は彼のプライドを刺激するのでNGです。

未(ひつじ)年生まれ…冷たいLINE

時間がない時にうっかり送ってしまいがちな「何か用?」という冷たいLINE。

ちょっと憶病な性格の未(ひつじ)年生まれの男性を傷つけ、離れさせるには十分すぎる言葉です。「ごめん、今移動中で」などのように、フォローを付け足すのを忘れないで。

申(さる)年生まれ…ファッション

見栄っ張りなところがある申(さる)年生まれの男性に、彼のファッションについてのLINEは地雷になりかねません。

特にアドバイスは危険。彼の中にモヤモヤが生まれて消えず、ちょっとしたケンカのときに、別れの引き金になるかも。言わないのが一番です。

酉(とり)年生まれ…挨拶

無駄がキライな酉(とり)年生まれの男性。LINEは通信連絡手段のひとつであると考えます。

よって、「おはよう」「おやすみ」といった挨拶や、「何してるの?」というLINEは本当に無意味でうっとうしいと思うのです。会ったときに直接言うようにしましょう。

戌(いぬ)年生まれ…悪口

戌(いぬ)年生まれの男性は社交的なので、LINEのやり取りにけっこう付き合ってくれます。

なので、気がユルんで送ってしまいがちなのが、彼の友だちや家族への不満。彼はとても義理堅いので、親しい人の悪口を嫌うのです。とにかく気を付けてください!

亥(いのしし)年生まれ…「別れる~」

素直な気持ちで恋愛を楽しむ亥(いのしし)年生まれの男性が一番嫌うLINEワードが、「別れちゃうからね~!」。

拗ねたりワガママだったりのつもりの「別れる別れる詐欺」でも、文字となって見せられると彼は「別れ」に引っ張られます。NGワードです。

さいごに

女性的には「気軽におしゃべりできる!」というLINEですが、男性はそう思っていない場合も多いようです。

ずっと残るものですから、安易なセリフは送らないようにしましょう。(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)