デートに意欲的

心から好きになった人がいたら、できれば両思いになって、早く幸せになりたいと女性なら誰もが思いますよね。

でも好きだからといって、ただやみくもにアプローチをしても、その方法を間違ってしまうと、無駄な努力になってしまうことも。

今回は好きな人を振り向かせるための効果的な方法や逆にアプローチとしてすべきでないことなどご紹介します。

好きな人を振り向かせたい!アプローチ方法11個

好きな人を振り向かせたい!アプローチ方法11個

それでは、まずここから「好きな人を振り向かせるための効果的なアプローチ方法」について紹介します。

ポイントは、男性の本能をくすぐるような行動や仕草を意識して取り入れることです。

相手からみて守ってあげたくなるような、そして男性としての心がくすぐられるような、そんな女性を自然と振る舞うことができれば、彼を振り向かせることも夢ではありません。

ではどんなアプローチ方法が有効なのか、アプローチ方法11個を一挙にご紹介します!

彼の行動をよくみて、ミラーリング効果を狙う

この「ミラーリング効果」とは、思いを寄せる相手の仕草や行動、表情などを真似ることで、相手が自分に対して好意を抱くような効果を見込むものです。

この効果を狙って、彼の行動や仕草を観察し、なるべくそれに似せた行動をするのです。

すると彼は、自分と似たような言動をするあなたに対し、まず安心感を覚えるでしょう。「あれ?この子、自分とよく似ているな」とまず思ってもらうのが狙いです。

そう思ってもらえると、彼もあなたに対して興味を抱いてくれるきっかけになりえます。

人は、自分と感性や行動が似ている人と一緒にいると、何より楽ですし、余計な気を遣わなくてもよくなります。

きっと彼も同じような思いを抱き、いずれその安心感が恋愛感情に変わることだってあるのです。

潤ませた瞳で見つめる

男性は女性の「ウルウルした」潤ませ瞳にはとても弱いです。

自分が守ってあげなくてはいけないと思い、男性としての責任感を呼び起こすものです。

この男性心理を利用しない手はありません!

どんな些細なことだっていいのです。

彼に何かをお願いするとき、また何か彼に相談したいと思ったときなど、思いっきり潤ませた瞳で、なるべく彼の顔に自分の顔を近づけてください。

おそらく、どの行動だけで、あなたに少しでも気のある男性は、ドキドキさせられてしまいます。

「そんな簡単に目を潤ませることなんてできない!」という声も聞こえてきそうですが、そんな時は目薬をさして準備をしておくのも良い方法です。

目が合ったらサッとそらす

人と目が合った瞬間に、サッとそらされたら、あなたはどう思いますか?

別に知らない人であれば構いませんが、気になる相手からだったらどうでしょうか?

気になる相手だからこそ、なぜそんなことをしたのか逆に気になったりしますよね。

ここでは、その「なぜだか気になる」という心理をつくのです。

気になる相手を考えるほど、なぜだか気持ちも波立ち、いてもたってもいられなくなるというような状況にさせることもできてしまいます。

もちろんこの「目が合ったらそらす」というアプローチ方法のやり過ぎはNGです。

彼もあまりに目をそらされ過ぎてしまうと、嫌われているのではないかと勘ぐってしまいます。あくまでも、適度なタイミングで実践してみてくださいね。

目があったらニッコリ微笑む

好きな人と両思いになろうと思ったら、「目があったらニッコリ微笑む」ことを続けていれば、もうそのアプローチ効果は間違いありません。

別に相手が誰であっても、目が合って微笑まれたら嫌な気持ちになる人はいませんよね。

そして、その笑顔が自然で、とても優しい表情であるほど、男性の心を掴むことができます。

ですが、普段は他人には無愛想で、ぶっきらぼうに接することしかできないのに、気になる男性だけに「ニッコリ微笑む」ことはしても意味がありません。下心が見え見えですし。

また、異性にだけそのような特別な態度をとっていることは、いずれバレてしまうものです。

ですので、日頃から人に会う時は心からの自然な笑顔が出せるよう、いつもの習慣にしておくことが大切です。

彼の好きなことを好きになる

アプローチしたい彼がいて、彼に好きになってもらうためには、まず相手を知ることが重要です。

とくに彼が何をすることが好きなのか、好きな食べ物や趣味は何かなど、徹底的にリサーチをするのです。

相手のことがよく分からないのに、どうやって好きになってもらう努力をすればいいのでしょうか。

もちろん、まだそれほど親しくなっていないうちから、根掘り葉掘り彼のプライベートを詮索するのはやめてくださいね。

彼もあまり良い気はしないはずです。

あくまでも、今の自分と彼との親しさの度合いをみながら、その範囲内で彼の好きなことに興味を持ってみるのです。

そして、その中で何か自分も好きになれるものがあれば、自分もそれを楽しめば良いのです。

彼からみれば、自分の好きなこと興味を持って好きでいてくれるなんて!と感動してくれるに違いありません。そこで一気に二人の距離が縮まります。

たくさん褒めて特別感を出す

彼をたくさん褒めちぎって、彼がどんなに「特別な人」であるかを伝えるのも、好きな人へのとても有効なアプローチ方法です。

誰でも褒められたら嫌な気持ちになる人はいません。もちろん下心があれば、それもすぐに相手にわかってしまいます。

ですが、この相手を「褒める」という行為は、実は恋愛においては、とても大切なポイントとなります。

男性は人から褒められると、男心がくすぐられるのと同時に、男性としてのプライドをより強く持つことができます。

女性から褒められたら、なおさら彼らの気持ちは嬉しいのと同時に、「自分は特別な存在なのだ」と思うのです。悪い気はしませんよね。

「どうやって何を褒めたらいいの?」と思う女性もいますが、褒めるところも褒め方もなんでも良いです。

日常の些細なことでも、「〇〇君って〇〇ができるの?すごいね!」「やっぱり〇〇君だからそれができるんだね。尊敬する」と少し大袈裟なくらいに彼を褒めてみてください。

さりげなくボディタッチ

男性としては、さりげなく身体に触れられるのも、悪い気はしない女性からの行為の一つです。

ですが、あくまで「さりげなく」がポイントですよ。

あからさまに、ベタベタと身体を触るのは、逆に彼の気分を不快にさせ、非常識で失礼な行動にもなりかねません。

何かお礼をするときや、軽い挨拶のときに、腕や肩を優しく触るくらいがちょうど良いです。

そんなさりげないボディタッチがあると、彼も「あれ?この子もしかしたら自分に気があるのかな」と気持ちに気づいてくれることもありますよね。

そんな効果を狙うにも、もってこいのアプローチ方法です。

「誰にも言えなくて…」と彼だけに悩みを相談する

男性は責任感やプライドが総じて高い生き物です。

なので、とくに女性から「あなたにしか相談できない」というように相談されたら、自分を頼りにしてくれた嬉しさを人一倍感じてくれます。

小さな悩みでも、彼が困らない範囲で相談をしていくと、彼も女性に頼られている自負を抱き、しまいには、「この子は自分が守らなくてはいけない存在なのだ」と思ってくれることも。

そんな男性心理をうまく利用して、彼にアプローチするには少しだけ経験が必要になります。

ですので、あとは恋愛において練習あるのみです。自分の経験からテクニックを学んでいけるように、少しずつ実践を積み重ねていきます。

メールの絵文字にはハートマークを入れる

好きな人とすでにメールやLINEでやりとりをしているという女性もいますよね。

そんな時は、そのメールやLINEを最大限使って、アプローチをしましょう!

ポイントは、メールの文面にハートの絵文字をなるべくたくさん使うことです。

そのハートマークの絵文字があるだけでも、彼に対する好意を自然と感じとってもらいやすくなります。

もちろん、過剰にハートマークの絵文字を使うのはやり過ぎです。

これも先ほどのボディタッチと同じで「さりげなく」というのがポイントですよ!

またメール文では絵文字のほかにも、相手の名前を多く文に入れることも、彼を特別に思っていることを暗に伝えるには有効です。

あだ名で呼ぶ

もし彼にあだ名があれば、そのあだ名で呼んであげるのも、彼との距離をぐんと縮める一つの良い方法です。

彼からしても、もしあなたに少しでも気があるなら、そんな女性にあだ名で呼ばれたらドキドキしてしまうのです。

このドキドキは、いずれあなたへの愛情に変わっていくかもしれないきっかけにだってなりますよ。

ただし、男性の中には、まだ親しくないうちからあだ名で呼ばれることに抵抗がある人もいます。

ですので、これも相手の距離や関係性をみながら、タイミングをみて彼が不快に思わない頃を見計らってあだ名で呼んだ方がGoodです。

好きな人に親切にはとことん優しくする

もうこの人しかいないという彼に、アプローチをしようと思ったら、とことん彼に優しく親切に接してください。

男性は女性の優しさや親切には、とても敏感で、かつ優しくされるだけで、相手のことを好きになってしまうことだってあるのです。

しかし、これまで何度も言うように、嘘や偽りの親切や優しさはすぐに相手に分かってしまいますから要注意です。

なかなか恥ずかしくて親切や優しさを態度や行動で示すことはできないという人もいます。

そんな時は、どんなに小さなことでも良いので、彼と接する時に親切を実践していきます。一緒にご飯を食べる機会があれば、お皿に取り分けてあげたり、話をよく聞いてあげるなど、誰でもできますよね。

でもそんな小さな親切や優しさの積み重ねが、やがては深い愛情に繋がっていくのです。

間違ったアプローチ方法にはご注意!

間違ったアプローチ方法にはご注意!

ここまで、好きな人を振り向かせるための方法をご紹介しました。

すでにいくつかを実践している人もいたかもしれませんし、これを機にこれからできることをやってみようという人もいますよね。

すぐに行動に移すのは良いことですが、好きな人へのアプローチ方法には間違った方法もあるので、注意が必要です。

最後にこの誤ったアプローチ方法を皆さんにお伝えします!ぜひ参考にしてください。

思いっきりぶりっ子な態度

好きな人にアピールをしたい一心で、「思いっきりぶりっ子な態度」をしてしまう女性は少なくないです。

好きな人に好かれたいがために、どうしても相手によく見せようとしてしまうんですよね。分かります、その気持ち。

でも、まだ可愛く写る若い女性であったり、適度なぶりっ子であれば許せます。でも度が過ぎたぶりっ子は絶対ダメですよ!

彼からしてみれば、そんな態度を見せられたら、逆に気持ちは引いてしまうのです。

ぶりっ子をしなくても、そのままのあなたで大丈夫なんです。あくまでも自然ないつもの感じで、意中に彼にも接するように心がけてください。

ボディタッチが激しすぎる

先ほども伝えましたが、激しすぎるボディタッチも相手の気持ちを引かせてしまう原因になります。

自分も反対の立場だったら、嫌ですよね。必要以上に人に体に触られるのは、よほど仲の良い友人などでない限りは、あまり良い気持ちはしません。

ですので、ここもボディタッチでアプローチをするなら、あくまでも自然に、相手が不快に感じない程度にするのがベストです。

またボディタッチをする体の部位にも気をつけましょう。

例えば、顔に近い体の部位に触るのは、やはりよりパーソナルな部分に近くなるので、まだ親しくない間柄であれば避けた方が無難です。

腕など、ある程度二人の距離が近すぎず、離れすぎない間隔で、さりげなく触れる場所で軽いボディタッチをするのが良いといえます。

メールを頻繁に送る

自分のことに関心を持ってもらおうと、一つのアプローチ方法として「メールを頻繁に送る」のは、もはや迷惑以外の何ものでもありません。

あなたは自分のペースで彼にメールを送っていたとしても、彼がそのメールに少しでも迷惑なそぶりを見せるのであれば、それはメールを送りすぎなサインです。

あまりにしつこくメールを送ると、今度は好意を寄せられるどころか、嫌われて避けられてしまいます。

何事も、誰かと関係性を作るときは、少しずつ相手の様子をみながらが基本です。

そこで、自分勝手にメールをたくさん送りつけたりしてはいけません。メールをくれたら、それに応える位のペースでやりとりをするのがちょうど良いのです。

露出の激しい服を着る

これも女性は勘違いしがちかもしれませんが、「露出の多い服を着る」のは、好きな人へのアプローチ方法としては適していません。

もちろん、中には露出の激しい服が好きな男性もいます。ですが、自分の彼女になるような女性に、そのような服は公の場で着て欲しくないと思っている人が大半です。

男性は露出が多い服が好きだと勘違いをしてしまっているのです。

もしアプローチしたい彼がいたら、まずは彼の女性の服の好みを知ることが大切です。そして、自分の個性も大事にしながら、なるべく彼の好みを服に取り入れつつアピールするのが効果的です。

好きな人へのアプローチにはテクニックが必要

好きな人へのアプローチにはテクニックが必要

今回の記事では、好きな人へのアピール方法や、反対にアピールに適さない方法などいくつか紹介しました。

好きな人へのアプローチ方法はさまざまです。彼の好みやあなたとの現在の関係性によっても、アプローチに適した方法は十人十色です。

ですが、どのアプローチ方法をとったとしても、その基本は「彼に対する思いやり」の心を忘れないということです。

きっとその基本を外さず、そして自分にも自信を持って彼への思いを伝えることができたら、あなたの恋が成功する確率は高いでしょう!

(【恋愛・婚活】らぶコーチ♡はるか/ライター)

(愛カツ編集部)