浴衣女性

夏は、花火大会やお祭りなどイベントが目白押し。「大好きな彼との浴衣デート」って、女性は憧れますよね。

せっかく浴衣を着るなら、かわいく上品に着こなして大好きな彼をドキッとさせたいもの。

男性は、どのような浴衣の着こなしを見て「浴衣美人」と思うのでしょうか。

女性の浴衣姿にグッときたことがあるという男性陣に、女性の浴衣の着こなしポイントについて聞いてみました!

浴衣女性

浴衣のデザインは普段とのギャップがあると◎

「ギャルっぽい彼女が、花火大会にいつものイメージと違う紺色のシックな浴衣を着てきたんです。

彼女自身もなんか照れてて、普段とのギャップに萌えました。

下駄やバッグも浴衣に合わせて大人っぽい雰囲気で、すごく新鮮に感じました」(23歳/ガソリンスタンド勤務)

男性は、イイ意味でのギャップに弱いもの。あえて、いつもの雰囲気とギャップのある色や柄の浴衣を着るのもアリです。

普段かわいい系のイメージなら、シックなカラーの浴衣で大人っぽくキメてみてはいかが?

紺地に朝顔や紫陽花など花柄で差し色があるようなデザインの浴衣も大人っぽくてオススメです。

いつもはクール系ファッションが多いなら、フェミニンな甘い雰囲気の浴衣を着て、彼のギャップ萌えを狙ってみるのもよいでしょう。

小物選びにもセンスが感じられる

「職業柄、浴衣の着付けに来る女性をよく見ます。帯が浴衣の色や柄とちぐはぐだと、ちょっと残念ですよね。

同じく美容師してる俺の彼女は、黒のレトロモダンな浴衣に、赤の帯を合わせた個性的な感じがかわいかったです。

小物はどんな物を合わせてるのか、けっこう細かい所まで見てる男って多いんじゃないかな~」(28歳/美容師)

帯やバッグ・下駄などの小物は、浴衣姿の印象を大きく変える大切なアイテムです。

浴衣の色・柄や自分のイメージに合ったものを選んで、トータルコーディネートしましょう!

帯は、浴衣の柄に入っている色を使えば、まず間違いなし。統一感ある着こなしになります。

あえて浴衣の反対色を帯に選べば、差し色効果で個性的な着こなしに。彼からおしゃれなイメージを持たれるでしょう。

バッグは、涼しげなカゴバッグや和素材でできた巾着などがおすすめ。

下駄の鼻緒にもさまざまな柄があるので、浴衣と雰囲気を合わせるとよいでしょう。

立ち居振る舞いも大事な着こなしポイントに

「彼女の浴衣姿を見るのは、縁日のデートが初めてでした。

8歳年下で、いつもは守ってあげなきゃって感じの彼女なんですけど、すごくいい姿勢で裾が乱れないようにきりっと歩いていて、その姿にドキッとしました」(31歳/会社員)

髪型やメイクがバッチリでも、大股で歩いたり着崩れてしまったりだと彼も幻滅してしまいます。

上手に歩くポイントは、小さい歩幅でいつもよりゆっくり歩くこと。

内股ぎみで歩くのを意識し、背筋はピンと伸ばしましょう。

凛とした立ち振る舞いに、彼は大人の女性の魅力を感じること間違いなし。

さわやかな浴衣女性

上品な浴衣の着こなしで、彼の気持ちをつかもう!

男性は、女性の上品で色っぽい浴衣姿にキュンとするようです。お気に入りの浴衣で、「浴衣美人」を目指しましょう!

立ち振る舞いや仕草も見られているので、油断は禁物。普段と違うあなたの魅力に、彼は夢中になるでしょう。

大好きな彼と、たくさん夏の楽しい思い出を作ってくださいね♡

(愛カツ編集部)